永遠の幸

  • 2018.08.09 Thursday
  • 05:58
歌の歌詞を忘れて、なかなか思い出せくて、そのうち調べようとして忘れてしまう…ということがよくあります。先日から、なぜか札幌農学校の校歌である「永遠(とこしえ)の幸」の歌詞が思い出せなくていらいらしていました。新聞で有島武郎の議事を読んだのがきっかけだったよう…

永遠の幸は、札幌農学校が創立25周年を迎えるにあたり、校歌がないのはと、作曲家の納所弁次郎が既によく知られていた原曲の「Tramp! Tramp! Tramp!」を選び、学生だった有島武郎がこれに作詞したものといわれます。
永遠の幸

原曲の「Tramp! Tramp! Tramp!(どんどん歩く)」(あの大統領はTrump!)は、アメリカの南北戦争時に、南軍に囚われた北軍の兵士に、希望を持たせるために作られた曲と謂われ、副題が「The Prisoner's Hope」となっています。北軍の大佐だったクラークが札幌に伝えたのかもしれません。

  Tramp!Tramp!Tramp!

正式に札幌農学校の校歌となったけれど、その後、東北帝国大学農科大学、北海道帝国大学、北海道大学に変遷を重ねるにつれ、校歌として正式に認知されていたのかはよく分かりません。わたしたちは農学部農学科という、一番のルーツの場所にいたため、何かにつけこれを歌っていましたが、卒業して以来、OB会などで歌うのは「都ぞ弥生」ばかりで、すっかり頭から抜けてしまったのです。北大の公式HPにも見当たらず、校歌として認知されていないのでしょうか?娘の卒業式に行った時、いきなり「都ぞ弥生」がかけられて、寮歌をこんなところに出すなんて!校歌を聞かせろ!と大むくれしたことを思い出します。公式HPの中を用語検索をかけて出てきたのは、グッズなどを売っているエルムの森ショップの「永遠の幸」というブランドのハムでした…(^^;)
ハム

もともと2番3番はうろ覚えだったので、改めてよくかみしめて歌ってみると、創立25周年の若々しい学校の校歌らしい、アップテンポのいい歌だなぁと改めて思いました。(YouTubeで聞くことができます。)「都ぞ弥生」も本来は軽いテンポの歌だったはずだけど、戦時中に出征する学徒の出発を一秒でも送らせるために、ご詠歌のようにのろいテンポで歌うのが普通になり、いまいち好きになれなかった記憶があります。

余談ですが、同じ曲をベースにした歌が、同志社大学にもあるのだそう。有島が校歌を作った30〜40年後に、英語教師の清水英明が「若草萌えて」という歌詞をつけ、運動部の応援歌として歌われているそうです。
若草萌えて

北大にコンビニが

  • 2018.08.08 Wednesday
  • 05:54
北大構内に、初めてコンビニが開店しました。昨年そのプロポーザルがあった時に、ある陣営から相談を受け、環境や景観面からのアドバイスを行いました。そして地場のセコマが、本州大手に打ち勝って特定されたのでした。場所はいつも昼食を取っている中央食堂の真ん前。先週圃場整備に行った時に、オープンしたての店を見てきたばかりでした。コンビニらしい看板もなく、いたって地味な造りになっています。
全景

完成記念に、「緑のジンギスカン Wineガーデン&Beer祭り」というのをやるので、是非とのメールが来たので、昨日夕方覗きに行きました。前面道路を通行止めにしてオープンテラスにしており、既にワイワイジュージュー盛り上がってました、
オープンテラス

コンビニとしてはかなり大きな造りで、二階にイートインのスペースをたっぷり取り、さらにテラスまで設けているのです。
二階のテラス

店の中もかなり余裕があり、混雑にも十分対応できる広さが確保されています。どのくらいの利用があるのか分かりませんが、向かいにある大学生協の購買などとは、完全に競合することでしょう。こちらは当然24時間営業なので、それなりに棲み分けができていくのであればよいですが。カウンターの上に、木製の看板が下がっているだけなので、本州から来た観光客などは、なんて店だか分からないで利用しているかもしれません。
店の中

飲食も招待かと思ったら、場所の確保だけで…(^^;) お定まりのジンギスカンとビールを頼み、心地よく吹き抜ける風の中でまずは乾杯。本州の方には気の毒なくらい、このところの涼しさを満喫することができました。
ジンギスカン

今回はイベントとして許可を取っているけれど、日常的にコンロを使ってジンギスカンをやるとなると、消防やら保健所やらの手続きがけっこう大変なので、いまだ検討中だとか。中でビールとつまみを買って、ここで飲めるだけでも十分かとも思いますが、大学構内で始終気勢を上げているのもなぁ… 今後どのように運営していくのでしょうか。
テラス

セコマの役員の方が何度も挨拶に来たので、地場のセコマが勝ってくれとのは大変嬉しいことで、道外生が多い北大生に対し(農学部では8〜9割が道外生)、4〜6年いる間に、セコマのよさを少しでも知ってもらうような努力をしてほしいこと伝えておきました。
俯瞰

立地を活かしてお金を稼ぐことが避けられないこのご時世、ボールパークのような環境をメチャメチャにするものではなく、規模は小さくても一つのモデルとして、ここの様々な取り組みが評価されるようになってくれればいいですが。

田中一村

  • 2018.08.07 Tuesday
  • 05:50
日曜美術館で、『田中一村』の特集をやっていました。滋賀県にある佐川美術館で、生誕110年の展示会が開かれているのだとか。田中一村(いっそん)は、NHKのディレクターが、名瀬市のダイバーの家で偶然目にした一枚のデッサンによって、その存在が明らかになり、1985年の春に日曜美術館で取りあげられました。私たちもそれを見て、全身を打たれたようになりました。これほどの衝撃を受けた作家は他にはおりません。その後NHKには問合せが殺到し、やむなく日本放送出版協会が、あるだけの資料で急遽まとめたのが、この「NHK日曜美術館 黒潮の系譜 田中一村作品集」だったのです。
作品集

美術書は二人合わせるとかなりの数を持っていますが、こんなに引っ張り出されるものは他にはないでしょう。日本画特有の音のない世界に、知らぬ間に引き込まれてしまうのです。
アダンの木

墨絵の世界かと思いきや、片隅にひっそりと真っ赤なサンタンカが顔を覗かせていたり、計算ずくで描き込んでいるはずだけど、何かの偶然の所産かと思わせてしまう不敵さ。この書にあるように、絵を描くことに全身全霊を傾け続け、本当に厳しい一生を終えた方だったのです。
奄美の杜

今回の放送では、一村がよく顔を出していた魚屋のおばあさんの証言がありました。こんなブダイをよく描いていたのだそう。でも絵に仕上がってみると、ブダイの上には夜香花(ナイトジャスミン)が枝をそっと伸ばしています。この枝一つで、毒々しい魚が静かになってしまったかのよう。
熱帯魚3種

この本には、10年後の1995年10月15日に、旭川美術館に見に行った「田中一村の世界」展や、さらに2004年の5月に大丸であった展覧会にも行った記録が挟まっていました。もう一度くらい本物を見る機会がありそうですが、それまで何度も、この本を引っ張り出すことになりそうです。

クマゲラの来訪

  • 2018.08.06 Monday
  • 07:34
ブログをアップしてから、朝食の仕度をしながらリンゴをむいていると、背中の方で甲高く「キョィ〜〜ン、キョィ〜〜ン」と耳慣れない鳴き声が。何が来ているのかと思ったら、目の前の小春桜にクマゲラがやって来て、目が合ってしまいました。あわててカメラを取り出してみると、その奥のカツラに移動して、しきりに樹皮をつついています。
クマゲラ1

クマゲラのドラミングはしょっちゅう聞いているし、7〜8年前には、小別沢トンネルの上の自然歩道で、2mくらいの至近距離で見たこともありましたが、我が家にやって来たのは初めてではないでしょうか。おいしい虫が見つからなかったのか、数分で移動していきました。嬉しいやらびっくりの出来事でした。
クマゲラ2

差し替え

  • 2018.08.06 Monday
  • 05:53
土曜日に、ポストに本の入った宅配便が届いてました。はて?注文出していないのに、どこから来たんだろう?と開けてびっくり。先日紹介した『新しい分類体系』の本が入っていました。

 新しい分類体系

あわてて中をよく見ると、「お詫びとお取り替えについて」という手紙が。何でも校正された最新原稿ではなく、校正途中の原稿を印刷に回していたのだそう… それは出版社にとっては大事故で、担当者の首がすっ飛んだのではと心配になってしまいました。

お詫び

それにしても、私のように発売の数ヶ月前から予約していた者は、こうやって取り替えてもらうことができるけれど、書店で購入された方には、そのような救済措置は取りようがなく、気付かないままになってしまう可能性が高いです。目を凝らしてどこが間違っていたのか調べてみましたが、正誤表もないのでほとんど見つかりません。とりあえず先日お知らせした内容については、問題なかったようなので安心しました。

私たちだって、このような取り違えは絶対に許されないので、それなりにみんな工夫していると思います。私は、すべてのファイルに日付をつけて保存するので、同じファイルでもどれが最新かはすぐに分かります。180731チェックリスト.xlsx とか、180806現地確認.docx というファイル名にすれば、同じフォルダー内での新旧はすぐに判断できるし、検索をかければ、その日に作成したファイルはすぐに見つけられます。この方式で30年以上仕事をやって来ているお陰で、こんなミスとは無縁でいられるのです。
一体どれだけの損害が発生したのやら、想像するのも怖いですねぇ…(^^;)

緊急灌水

  • 2018.08.05 Sunday
  • 06:00
2週おきにやっている北大の圃場整備は、生活のリズムを作る上で大いに役立っていると思います。暑かろうが雨が降ろうが、これを乗り切ってこそ次の仕事に取りかかれるような気がします。体調もほぼ元に戻ったことだし、勇んで8時半には圃場に着きました。入り口脇のユリのコーナーは、‘ロートホルン’がすっかり終わり、もっと紅の濃い‘ブラックビューティ’が咲いて来ました。これも放植していて衰退し初め、あわてて植え替えてきたものです。
ブラックビューティ

この季節、やはりガルトニア(サマーヒヤシンス)が咲いて夏が来たことを実感します。ヒヤシンスには少し違和感がありますが、涼しげな姿は最も夏の花らしさを感じます。南アフリカ原産なので暑さはへいちゃらですが、多湿を好むので、あとでたっぷり灌水しておきました。
ガルトニア

ローンの入り口のアーチでは、ランブラーローズが2週間前に満開だったのでとっくに終わっているかと思ったら、まだたくさん咲き残ってました。今日こそは剪定しなくては。
ランブラー

ローンに入ってあらら。この干天で芝生の一部が干からび、隣接するボーダーや、イボタの生垣も一部の葉が巻いてしまってました。圃場の一部は旧河川敷で、掘ると砂がどっさり出てくるのです。その部分は少し雨が降らない天気が続くと、たちまち干害が発生し始めるのです。とりあえず花壇の中にどんどん注水していきました。
アスチルベ

昨日はOBのみ5名での作業で、まず芝刈りをやってもらい、すぐにスプリンクラーをセット。このガルデナのスプリンクラーは、学生時代にも頻繁に使っていたので、50〜60年も現役ということ。さすがドイツのガルデナです。
ガルデナ

作業は、春に切り戻したカツラの生垣が、どんどん枝を吹いてくるので、1〜2芽残して2度目の切り詰めをやってもらいました。できるだけ細かく分岐させることにより、密度の高い生け垣に戻していくのです。
カツラ生垣

みんなは昼で終わってもらい、私だけ残業でランブラーの剪定を。この棘は本当に鋭くて痛いので、厚手の作業服と皮手で武装し、ツルを全部ほどきながら、切り戻しと剪定を進めました。脚立が低いものしかなく、なかなか大変でしたが、1時間半ほどでようやく誘引まで完了。
ランブラーの剪定

今回は顔を引っ掻かれなかったし、腕にも刺さらなかったので、一番楽だったかも。作業の合間もスプリンクラーをこまめに移動し、ローン全体に4時間ほどたっぷり灌水できました。天気予報見ても全然傘マークが見当たらないけれど、今度は干害が心配になってきますねぇ…
完成

もう8月

  • 2018.08.04 Saturday
  • 06:05
夜が過ごしやすい気温と湿度になったこともあり、寝苦しさから解放されてずいぶん楽になりました。副鼻腔炎はすぐには治らないので、気長に付き合っていくしかありません。夜明けがすっかり遅くなり、4時だとまだ薄暗く、これからは日に日に暗くなっていくのでしょう。

藤川さんの花カレンダーも8枚目。折り返すとどんどんなくなっていくように感じます。さすが今月は、夏の花がもりもり。エリンギウム。ヘレニウム、ホスタ、クロコスミア、エキノプス、エキナケア、ルドベッキア、リアトリスと、夏の花のオンパレードです。精一杯夏を楽しまなくては。
 花カレンダー

今年は登山靴を新調して、山に登る機会が増えたそうです。スケッチの方も新境地に突入して描きまくっているようだし、来年のカレンダーの制作も始まっているようなので、今年のカレンダーは何だか楽しみですねぇ。通信販売の開始は11月に入ってからとのこと。あと3ヶ月があっという間に過ぎてしまうのか、これからの時間の使い方は、本当に大切です…(>_<)

 野菜カレンダー

植原さんの「ガーデニングの花」カレンダーは、神奈川県花菜ガーデンの『丘のメドゥ』でした。撮影メモには、「気怠い夏の午後、サルスベリのコレクションがあるので、撮影に寄ってみた。思うようなシーンが撮れず、帰りかけた時、丘にメルヘンチックな色合いが見えた。暑さを忘れるような清々しい色合いと対照的なサクラの夏若葉。白とピンクのコスモスと黄花コスモス、赤いヒャクニチソウ。夏と秋が混じるメドゥだった。」とあります。

ガーデニングの花

本州でもこの時期、夏の中にほんのりと秋を感じることがあるのでしょう。カメラマンは、そういう光の揺らぎを見逃さないのがさすがです。北国ではもうススキやハギが咲き始め、日に日に秋の気配が強くなってきます。ううむ、焦りますねぇ…

汗がだらだら・・・

  • 2018.08.03 Friday
  • 06:02
朝晩がかなりしのぎやすくなったとはいえ、日中はしっかりと暑い日が続きます。昼間町中で会った人に、げっそりやつれてどうしたんだ!と言われてしまいました。確かに数日で2kgやせてしまったので、頬がこけてしまっているかもしれません。肉体的にはほぼ大丈夫なので、昨日は手稲の現場に出かけました。

8時過ぎに富丘西公園に着くと、カマと方形枠を持ってスズランの保全区域へ。ずっと追跡調査をしている永久方形区に対して、必要な区では夏の刈り取りを行わなければならないのです。今は目印の高い竹を立てているので、わりとすぐに見つけられますが、短い目印時代には、見つけられなくてべそをかきたくなるほどでした。背丈をはるかに越えるススキやエゾヤマハギに包まれてしまうと、方角すら見失うのです。
ススキの藪

何とか見つけ出し、調査区の番号を確認してから、スズランの葉の少し上で刈り取っていくのです。方形区が1m角と小さく、ハギやマユミなどの木本の進入が激しくなってきたので、あまり傾向がはっきりしなくなり、15年近く続けてきたこの調査も、そろそろ役目を終える時期が来ているようです。
夏刈り

ヤブの中からキキョウの花がひょっこり。オミナエシのつぼみも出てきたので、この公園にとっては「外来種」であるこの二種は、すっかり定着の気配です。
キキョウ

一時間ちょっとで作業を終え、四阿で給水しながら一休みしていると、20分前だというのに早くも一番乗りが。前回雨で中止になったので、待ちかねてきたと嬉しいお言葉。その後も参加者が次々とやって来て、翌日にやったのなら連絡してくれればよかったのにと、みなさんにいわれました。本当にありがたいことです。この暑さなので、てきぱきと片付けていきたいのでよろしく〜と、早速ススキの高刈りをやっていきました。毎年区域を変えてススキやハギをひざ丈で刈り取り、弱らせることによって、スズランなど低茎草本の生育を促すものです。
高刈り

涼しくなったとはいえこんな暑さなので、途中で給水タイムを入れようかとも思いましたが、みなさん手際よく刈り取っていき、たちまち予定の範囲の刈り取りが片づいてしまいました。水分をたっぷり含んだ刈草を運ぶのも大変なので、刈り取りはここで止め、木道の上を片付けていただきました、
たちまち刈り取り

私は先に四阿に戻り、水分補給の用意をしていると、刈草の片付けを終わった方が、手分けしてブルーシートをきれいに折りたたみ、使った道具類も片付けてくれているのです。さっそくみなさんに、スポーツドリンクやお茶をたっぷりと飲んでいただき、一服していただきました。本当にお疲れ様でした。
片付け

昨年と今年で、木道の南側に広がる、スズランの最も多いエリアの高刈りが片づいたので、来年のスズランの時期にはいい感じにスズランを観察していただけるでしょう。ここに生えている野草もいっしょに刈り込んでしまいすが、わき芽が伸びてたいてい花が咲いてくれるものです。その経過もまた報告する予定です〜
刈り取り前 刈り取り後

バスツアーのご案内

  • 2018.08.02 Thursday
  • 06:01
風邪は治ったのに鼻水が止まらず、しかも左の鼻水が真っ黄色なので、こりゃやられたと耳鼻科に行って来ました。予想通り急性副鼻腔炎でしたが、左は細菌感染性、右はウイルス感染性なんだそう… 左の炎症がひどいので、完治には時間がかかりそうです〜といわれてしまいました。これまで鼻風邪は全く引いたことがなかったのに、こんどの風邪でティッシュ2箱半くらい使ってしまったので、一生分の鼻水を垂らしたのかもしれません…(^^;)

今年も、北海道ガーデニングマイスターを対象とした、スキルアップ研修会としてのバスツアーが実施されます。昨年は近場をねらおうと、イコロの森、K'sガーデン、銀河庭園の三つを回るという、超豪華版でした。今年は、風のガーデンともう一つ、近くにどこかないでしょうか?と聞かれたので、8月末じゃファーム富田はないだろうし、ふらのジャム園なんて誰も知らないだろうから、どうだい?ということに。
研修-1
行程

風のガーデンも、最近行ったことがある人は意外と少ないので、すっかり風景に溶けこんでいる植物の変化を見るのには最適です。また新しく拡張したエリアには、原種系のバラがたくさん植えられているため、花よりもローズヒップを見るのには面白い時期かも。
風のガーデン

ふらのジャム園は、今から13年前に相談を受け、主として花修景の仕方のアドバイスを行いました。それまではただサルビア、ポピー、ヒマワリなどが、何の工夫もなく植えられているだけなので、これではせっかくの花がもったいない。花は単なる鑑賞対象ではなく、麓郷展望台にふさわしい花風景を作ってこそ、回りの景観がより生きてくることを分かってもらいました。(2006.7.19)
ふらのジャム園

それよりも何よりも、畑の水処理や動線計画など、基盤整備に一番手間がかかったかもしれません。(この写真も2006.7.19)直接関わったのは2年だけでしたが、その後の様子をHPでいつも見ていると、本当に素晴らしい空間に生まれ変わっていることがよく分かります。その後全然行っていないので、私自身が最もわくわくしているかもしれませんね。もちろんここのメインは多彩なジャムです。小瓶もあるので、いろんな種類を味わうことができるのも楽しみです。
水処理

今回私がスルーガイドとして同乗していても、あんまり気の効いた説明ができそうもありません。どうなるかは乞うご期待として、興味のある方は下記の申し込みフォームに習って申し込んで下さい。
申し込み1
申し込み2

夏休みモード

  • 2018.08.01 Wednesday
  • 06:03
この時期の滝野公園は、完全に夏休みモード。この暑さではのんびり花を見る気にもならないですからね… 体調が万全ではないので、カントリーの仕事は午前中で済ませようと、むわっと暑い園内に出ると、作業員のみなさんはこの暑さの中でも黙々と作業をやっておりました。今年のコスモスは、きっと例年になくきれいに咲いてくれるでしょう。
コスモス畑

真っ先に向かったのはラベンダーのところ。前回ここですったもんだしたのは、何列かずつ異なっているはずの品種が、どれも同じ花を咲かせていたので、ラベル管理を疑ってしまったのです。植え替えた時の写真や図面と照合した上で、あくまで今年の花の咲き方が異常だということになりました。本当に不思議なことが起きるものです。
ラベンダー

今年出回った、画期的に多花性のヒマワリである‘サンフィニティ’。いろんなところに試験的に植えられているのが、どれだけ咲き続けてくれるのか?本当に興味津々です。ここに来てようやくヒマワリらしい生育ぶりを示してきました。開花はお盆前になりそうだけど、次回に来るのが楽しみです〜
サンフィニティ

庭木担当が、果樹や花木類の剪定をほぼマスターしてくれたので、それぞれが安定して花を咲かせ、実物も実付きがよくなりました。ノリウツギの剪定なんて、昔は誰もやってくれませんでしたから。
ノリウツギ

ジューンベリーの実が、木に着いたまま干しぶどうのように水分が抜けてきて、今ジャムにすればいいジャムになりそう。グスベリだって、剪定されずにいじけていたものを、毎年ちゃんと枝をすかしながら剪定を続けた結果、とっても甘い実が鈴生りに。これまであまりいい印象を持っていなかったけれど、これはいいジャムになりそうです。
グスベリ

木陰に入ると少し暑さが和らぐものの、風がないので暑さにはあまり変わりありません。ブラジル原産のグンネラは、故郷を思い出しているかもしれません。今年は根のところを少しいじり、横を流れるせせらぎの水が根のところに常時しみ込むようにしてあります。そのせいか、今年は一段と葉が大きくなり、1.5mほどになりました。目標2mなので、来年には届くかな?
グンネラ

この時期は園内の見どころも少なくなり、まとまって見られるのはアナベルの丘くらい。西日は当たるし坂がきついので、この時期高齢者をご案内するのは気が引けてしまいます。
アナベル

午後からは渓流ゾーンでの仕事。木陰だと涼しいのかと思いきや、風が全くないので、むわっと熱気に包まれてました。貸し自転車があるので、利用者がちらほらいる程度で、本当に利用する人がいなくなってしまいました。数年前の豪雨災害で、甚大な被害が発生しましたが、その復旧に際しては、これまでのように川で水遊びをすることができなくなるような工法が取られてしまいました。このため、川に入れるのは、末端の50mだけとなってしまったのです。ここで数家族が川遊びをしていましたが、昔の賑わいを知る者にとっては、寂しい限りです…
厚別川

橋のたもとの温度計を見ると、33.7〜9℃をいったり来たり。どうりで暑いはずです。町中と暑さは変わらなくなってしまったのですね。病み上がりの体にはとてもこたえるので、早くふつーの夏に戻ってほしいです〜
温度計

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM