秋の名残花

  • 2018.10.11 Thursday
  • 05:54
10日間予報を見ても、札幌はまだ霜の降りるような低温にはならない様子。ガーデン街道も15日までだし、今週末がガーデンの花巡りの最終になりそうなので、お近くのガーデンの、名残の花を楽しんでいただきたいです。
滝野公園では、天の川ガーデンがますます色が冴えてきました。この‘ミスティック・スパイヤーズブルー’というサルビアは、花穂が長いし色が濃いので、ますます見事な天の川に。マリーゴールドも、一度散髪してやったので、きれいに復活してくれました。
天の川

その下にある秋咲きクロッカスは、なぜかほとんど花が上がってきません。あんまり暖かいので、まだその気にならないのでしょうか。その下にはヒマワリ‘サンフィニティ’があり、その次が黄花のコスモス‘クサントス’の畑です。今年は今までで一番きれいな花を咲かせてくれたけれど、淡いクリーム色なので、今一つインパクトに欠けてしまいます。ちゃんと謂われを知っていただくと、へぇ〜となるのですがねぇ。
クサントス

まきばのせせらぎでは、棚田にエゾリンドウ(Gentiana triflora var. japonica)がたくさん咲いていました。土地が痩せているせいか、エゾリンドウらしさが全くなく、本州以南のリンドウ(G.scabra var. buergeri)の風情。子供の頃、よく遊びに行った溜め池の土手に、ぽつぽつと咲いていたリンドウがいまだに忘れられません、あぜ道や土手の草刈りをやらなくなって、絶滅寸前なんだとか。もったいないなぁ…
リンドウ

花人の隠れ家に入ると、ドライウォールの上でコハマギクが満開になっています。この花も、研究室のシンボルのような花なので、ひときわ思い入れのある花です。四阿の屋根の上でも満開だし、峠の庭では近縁のピレオギクやエゾノソナレギクが咲いています。
コハマギク

カントリーハウスとの間には、パレット花壇があり、今年もダリアがもりもりと咲いてきました。今年はすべて早来の「やまき育種園芸研究所」の品種が使われています。朝日が斜めに差す頃には、この花壇の特徴が一番分かりやすい表情が見られます。昼間になると、色の重なりがよく分かって面白いでしょう。
朝のパレット

‘黒蝶’かと思ったら、‘黒豹’という品種でした…(^^;) すべてラベルが付けられているので、花の特徴と名前を比べていくのも面白いです。いろんな花型があるので、面白いですよ〜
黒豹

このすぐ上には、この時期「ハギの小径」と私が勝手に名付けているハギのコレクションがあります。ミヤギノハギの赤・桃・白、園内で見つけたやや立ち性のミヤギノハギ、花の色がかなり明るいピンクのムサシノハギ、シラハギとニシキハギとソメワケハギ、ヤマハギの‘江戸絞り’が植えられているのです。ミヤギノハギはなんとか咲きましたが、江戸絞りやシラハギ系のハギは、今年はほとんど花がなく、青々とした枝葉ばかり。こんな年は本当に初めてで、とても残念なことになってしまいました。
ハギの小径

初夏にはスズランコレクションがある、花のテラスの右手には、原種系のシクラメンが咲いてきました。現在咲いているのは秋咲きのシクラメン・ヘデリフォリウム(Cyclamen hederifolium)で、春咲きのシクラメン・コウム(C.coum)もさらに800球植え込むのだそうです。小さくて気付かない方も多いので、案内サインをお願いしました。是非かわいい花を見ていただきたいです〜
シクラメン

コスモスフェスタ終了

  • 2018.10.10 Wednesday
  • 05:56
昨日は滝野公園。朝方は雨降りでしたが、滝野に向かう頃にはまぶしい秋晴れになり、気温も16℃近くもありました。東口の花壇では、ヒマワリの‘サンフィニティ’が、花はかなり小さくなったものの、まだまだ咲き続けていました。まだつぼみが残っているので、この分でいくと霜が降りるまで咲き続けてくれそうです。
ウェルカム花壇

コスモスフェスタが8日で終わり、畑ではさっそく抜き取りが始まっていました。まだまだいい感じに咲いているけれど、チューリップを植え込む準備をしなければならないので、待ったなしで作業を進める必要があるのです。もりもり咲いているダリアを横目にこもれびの庭にいくと、ひっそりとシモバシラ(Keiskea japonica)の花が。シソ科の多年草で、茎が枯れても根から水を送り続けるので、寒い日には茎から大きな霜柱ができるのでこの名前があるけれど、ここに見に来る頃には融けてしまっているでしょう…(^^;)
シモバシラ

昨日はボランティアの作業日。いつもの力強いメンバーが、レンゲショウマの植床作りに励んでくれました。鱒見口近くの群生地は、今後は管理のレベルを落としていかなければならないため、少しでも見栄えのよいこもれびの庭に移植しています。今年は30株持ってくる予定です。
植穴掘り

山草エリアの手入れや、メコノプシスへの灌水設備の撤収、エリア内の除草なども着々と進め、最後に昨年から進めているササ刈りをやりました。もう一年がんばれば、ここからササをなくすことができそうです。
ササ刈り

午後からは、今年最後の園内チェックを。今年はいろんなことがありすぎて、あっという間にシーズンが終わった感じです。体調不良もあったし、あれもやれなかったなぁ…とか、いろんな思いが去来しながら中央口に降りていきました。今年は一度も上がっていなかった、中央口休憩所の屋上にも上がってみました。なんか単調だなぁ…昔の方がよかったなぁ…と、ちょっと溜息。管理費がますます削減されるのだから、昔の方式の方が絶対に向いていると思います。
中央口

屋上から降りて正面に回ると、ナツヅタが真っ赤に色付いていました。ここは植えますが小さいので、早く色付くのです。一面に覆い尽くすようになれば、なかなか見応えのある景観になりそうです。
ツタの紅葉

水の広場の滝回りは、やはり植えますが厳しい環境のため、真っ先に紅葉が進んできます。節電が終わったので、水の勢いも通常に戻り、一足早く秋を楽しむことができる空間になっていました。コスモスが終わっても、まだまだ見どころはありますよ〜
水の広場

冨茂登

  • 2018.10.09 Tuesday
  • 05:37
冨茂登は、宝来町にある千秋庵総本家のお隣。栞に「山のふもとの憩ひの家に 今日もほのぼの灯がともる」とあるように、目の前にある高田屋嘉兵衛像の上には函館山の山頂が望めます。

冨茂登

この建物は、戦前の1935(S10)年の建造といわれ、確かに廊下を歩いて行くと少し波打っている感じがします。人数が多かったのでこの大広間での会食でしたが、欄間や天井の細工はしっかりしていました。
座敷

料理のレベルもさることながら、仲居さんたちのサービスが細やかで、いろんな方がここを贔屓にしているようです。外には出ていませんが、高倉健さんは特にこの店を贔屓にして、亡くなられるまで晦日は必ずここで過ごしていたそう。もう公表してもいいでしょう。献立も丁寧な作りになっていました。
メニュー

お造りは海峡鮪に、知内産平目、戸井産真蛸。一切れずつだけだったけれど、とっても美味しかった。鍋物は紙製で、ズワイガニの寄せ鍋だけど、具よりあまりにも出汁が美味しくて、全部すくっていただきました〜
紙鍋

もちろん庭もチェックしました。一通りメニューは揃っているけれど、全然しっとり感がなく、かなりがっかり。植木屋時代には‘海陽亭’と‘高はし’という料亭の庭の管理をやっていたので、どうしても比べてしまいます。函館の植木屋は「奥地」の我々をいつもバカにしていたけれど、負けてなるものかといろいろと研鑽していましたから。
庭

会食が終わり、遺影を片付けて初めて全貌が見えた掛け軸です。「清風払う」のはなんだろうと思っていたら、下に明月が隠れていました。戻ってから調べて見ると、「清風明月を払い、明月清風を払う」という禅語の一部で、禅の悟りの清らかさを表した言葉だそうです。宗派が曹洞宗なので、これを選んだのでしょうか?
掛け軸

帰ろうと玄関に向かって行くと、来た時にはよく見ていなかった陶磁器のコレクションが目に入りました。我が国の名陶が網羅され、松山の砥部焼もちゃんと入っていました。白磁に藍色の絵付けなので、他に比べてちょっと違和感がありますが。
焼き物

会席は、6,200円から16,000円までの間、お昼のミニ懐石は4,752円(税込み)とお手頃だけど、いずれも要予約です。室蘭にいる息子一家が、今月末には引っ越しして函館住まいになるので、一度行って見ようかな〜

法事

  • 2018.10.08 Monday
  • 06:00
昨日は函館の法事に行ってました。函館往復約500キロの旅。幸い台風の直撃にも遭わず、無事に戻ってくることができました。家を出発したのはまだ暗い5時過ぎ。中山峠を越えて豊浦に抜け、そこから高速に乗って、ちょうど4時間で函館に着きました。早い時間帯だったので、道路ががら空きだったので助かりました。十字街の手前で、函館山が見えてくると、ようやく着いたという気持ちになります。
函館山

今回は、母の一周忌、父の七回忌、叔母の23回忌の法事がありました。場所は菩提寺である地蔵寺。高龍寺の末寺にあたります。外人墓地に隣接しているので、雨の日でも観光客がたくさん歩いていました。
地蔵寺

今回の法事には、余市にいる娘も子連れで行くことに。前日に我が家に来て一晩泊まり、一緒に乗っていきました。読経の間もおとなしくしていたけれど、法事が終わって祭壇を片付けていると、だんだん活発に動き始め、太鼓を叩いたり、木魚をポクポク叩いたりと、大興奮でした。
木魚

法事には、会社関係のつきあいの長い方たちもお呼びしていたので、親族20名ほどと同じくらいの参会者がお見えでした。それからみんなで場所を移し、供養の会食を。会場は宝来町の『冨茂登(ふもと)』2012年ミシュラン北海道特別版で、道南唯一の2つ星を獲得している料亭です。同じ商店会でなじみ深いので、こんな素晴らしいところの食事をいただけることに。内容は別途紹介したいと思います。
会席

夜は、かみさんの兄弟姉妹が集まったので、みんななじみのショットバー『杉の子』へ。現在の経営者は義兄の同級生です。スコッチやアイリッシュウィスキーを堪能しながら、頭がぐるぐる回るまで、楽しい時間を過ごしました。
杉の子

秋バラ

  • 2018.10.06 Saturday
  • 04:01
昼過ぎに区役所へ行ったついでに、大通のバラ園に寄ってきました。空気はやや冷えていたものの、日差しがあればちょうどいいくらいの気候でした。入り口にチャリを置いて西側から見ていくと、やはりハイブリッドティーの大きな花はよく目立ちます。特にこの‘宴’は、株がでかくなるし花も大きいので、存在感抜群です。
宴

表から見るとこんな具合。彼女の頭には、かわいそうにハトかカラスが糞を垂れていました。さすが忠良さん、このアングルは本当に様になります。
正面から

バラ園のサンクンの中には、北側にアメリカの品種、南側にドイツの品種が植えられており、真ん中のカナールの上でバチバチ火花を散らしています。(な訳ないか…(^^;)) 生育ぶりは圧倒的にドイツの勝ち。押され気味のアメリカ系の品種の中では、‘オレンジ・スプラッシュ’が一人気を吐いていました。
オレンジスプラッシュ

外周になる上の段では、‘アイス・バーグ’(別名‘シュネービッチェン’)がたくさんの花を咲かせて目立ちます。もう少し日当たりがよければ、もっときれいだろうに…
アイスバーグ

ドイツ系の品種の中では、真ん中にある‘フォルトゥーナ’が無数の花を咲かせて目立ってました。北大の圃場にも植えていますが、咲き始めが遅いものの、雪の降るまでずっと咲き続けています。冬枯れも起こさないので、本当に丈夫なバラだと思います。
フォルトゥーナ

花数は少ないものの、暖かいピンクとふっくらした花容がよく目立つ‘ホーム&ガーデン’。ドイツ系の品種とは思えない名前ですが、れっきとした Kordes の作出品種です。
ホーム&ガーデン

株が一番大きく、花も素晴らしいのが‘ポンポネッラ。一番西にあり、抱え咲きのうっとりするような花を咲かせます。せっかくの素敵な秋バラも、日曜の台風で叩かれてしまうのでしょうか。最後の花を楽しめるのは今日しかありませんよ〜
ポンポネッラ

これから所用で函館に出かけるので、明日の更新は多分できません。台風にまともにぶち当たってしまうので、なんとか日曜のうちには帰ってきたいと思っていますが、どうなりますやら…

ピーカン十勝

  • 2018.10.05 Friday
  • 05:55
十勝は昨日も快晴でした。十勝ヒルズの現場も今年はこれが最終日。半月前に来たばかりだけど、夜温が急速に下がっているので、一気に秋めいて感じます。手前のフリーマニーカエデはまだちらちらと赤くなっている程度なのに、ショップ前の木はもう真っ赤っか。みんなが熱心に写真を撮していました。
フリーマニー

ポタジェから園内のチェックを始め、メインアプローチにやってくると、アスター類が秋らしい風景を作っていました。ここは手入れが行き届かないので、高茎草本で植えつぶし、メドゥ風の草原景観にしていく予定でしたが、最初に植えたアスターだけでも十分なくらいでした。来年はもっと種数が増えていく予定です。
アスター

同じカエデ類でも、ギンカエデはだんだん色が抜けて白葉化していき、それにチラッと赤味が入る独特の秋化粧になっていきます。メグスリノキはまだほんの赤くなった程度で、今月一杯様々な紅葉が園内で楽しめます。
ギンカエデ

昼食は四分分度でとろろ蕎麦をいただきましたが、ちと盛りが少なく、さすがの私でも大盛りにしておけばよかった…と後悔しましたが、とろろの粘りで夕方まで乗り切りました。
とろろ蕎麦

午後からは、エントランスのシラカンバの化粧直し。枝がもさもさ繁っているため、シラカンバらしさがなく、もう少しすっきり幹を見せる必要があります。意外と大きな木なので、二段ばしごを持ってきてもらい、汗だくになって枝を払ってやりました。スカイミラーのシラカンバが倒れてしまったので、しばらくこの木で代役を務めてもらいましょう。
剪定前 剪定後

ハシゴを片付けてスカイミラーに行って見ると、うーーん、シラカンバがなくても気にならなくなったなぁ。変にちんけな木を植えるより、なくても気にならないか…という感じです。それにしても3列目に試験的に植えた‘ミスティック・スパイヤーズブルー’の紫の濃いこと。来年は手前の2列をこれにして、より一層引き立つ景観にしていこうと思います。
スカイミラー

ローズでは着々と冬囲いの準備が進んでいました。人手が少なくなっているため、花が途切れたのを見計らって、順次作業を進めて行く必要があるのです。来年はもう少し遅くまで秋バラを咲かせる予定なので、日程のせめぎ合いになりそうですが。
バラ

一回りしてヴィーズのところに戻ってきたら、窓の目の前にあるマルス‘プロフュージョン’に真っ赤なリンゴが鈴生りになっていました。滅茶苦茶な剪定されて崩れていた樹形を、少しずつ直してきて、ようやく昨年くらいからたくさん実が成ってきました。お客さんにも大好評なので、嬉しくなります。
プロフュージョン

週末の台風が気になりますが、15日までが今シーズンの営業で、それ以降10月末日までは無料公開期間になります。晴れた日には、とても気持ちよく園内を散策できますので、ぜひお越し下さい〜

目まぐるしい天気

  • 2018.10.04 Thursday
  • 05:43
昨日は、白石駅花壇管理のボランティア。空気がひんやりして寒いくらいでしたが、白石に着く頃には、お日様の力でかなり暖かく感じるようになりました。いつものように北口花壇から見ていこうと、自由通路を渡っていくと、駅舎と通路の接ぎ目部分がかなり破損していました。あれだけ揺れると、こういうところに被害が発生するのですね。
ひび割れ

北口に出ると、広場に植えられているプンゲンストウヒが見事にかしいでいました。台風の方は、南南東の風が吹き抜けたはずですが、駅舎を回ってビル風のように、風向きが変わったようです。
プンゲンストウヒ

花壇では、ダリアの‘黒蝶’がきれいな花を咲かせていました。毎度支給されるダリアの球根は、ほとんどが咲ききれなくて終わってしまうのに、ようやくきれいな花を咲かせてくれました。今回はタキイから直送された球根ですが、やはり道内ものじゃないと気候が合わないのかな?
黒蝶

ほったらかしにしていたツルバラのツルも、風であちこちたたかれてひどい状態に。折れたり付け根が裂けたものが無数にあるし、まっすぐなツルもお互いの棘で削られて、無残な状態になっていました。これはツルの整理に時間がかかりそうです…
ツルバラ

線路に近いコーナー部に植えられていたスモークツリーが、なんか様子が違うと思ったら、手前の木が傾いて緑葉の株に倒れかかり、奥の木は線路側に傾いて、枝がかなり構内に入ってしまっていました。これは私たちでは手に負えないので、業者にやってもらうことにしましょう。
スモークツリー

一番目立つ花は、八重咲の「貴船菊タイプ」のシュウメイギク。シュウメイギクは好きな花だけど、もう少しお行儀がよければいいのですがねぇ。このままだと、花壇全部がシュウメイギクになってしまいそうです〜
シュウメイギク

いつも参加する三つの作業所のうち、二つが行事のため参加がなく、それでもちょうど10名のボランティアが参加してくれました。いっぺんに刈り取ると相当量のゴミが出るので、葉が汚くなったものから順次刈り取ることに。それでも40リットルのボランティア袋に10個にもなり、みんなできれいに片付けていきました。急に曇って雨がぱらついたりしましたが、予定時間に無事に終了。お疲れ様でした〜
作業

秋晴れの創成川公園

  • 2018.10.03 Wednesday
  • 05:58
我が家の壁はトタン貼りなので、横なぐりの雨が降るととても賑やかです。3時過ぎから土砂降りになり、こりゃとても走れないなぁ…とあきらめてしまいました。こんな予報だったかと、タブレットで雨雲を確認すると、2時間ほどで通過しそうな雲行きでした。
6時前には雨も上がったので、予定どおり創成川公園の現場に行き、いつものように北の端から現場のチェックを。9月初めの台風で、ここでも少し倒木が出たそうですが、まだ木が小さいので大半は無事でなにより。北半分に植えられているミヤギノハギモドキは、早咲きのため風に花を吹き飛ばされたらしく、もうほとんど残っておりませんでした。
ミヤギノハギモドキ

南1条から南に植えられているのは、本物のミヤギノハギのため、台風後から咲き始めて今が盛り。見事に枝を川面に垂らし、ハギらしい風情を出しています。
ミヤギノハギ

以前は枝が繁りすぎて、ベンチに座れないと苦情が来たそうですが、7月始めに刈り取ることにより、半分ほどの枝の長さながら、同じ時期に見事に咲きそろってちょうどよくなっています。
夏刈り

集まったボランティアのみなさんは10人あまり。このくらいが作業指導にはちょうどいいのです。ライラックのムダ枝の処理や、ひこばえの活用法を中心に、狸二条広場を出発して北の方に進んでいきました。少し寒いくらいの風が吹いていましたが、だんだん収まってきました。
ひこばえ処理

テレビ塔の横では、近くの市立保育園の子供たちでしょう、てこてこと歩いているのを見ると、ついうちの孫くらいかなぁ…なんて見てしまいます。間もなく2号も2歳を迎えますからねぇ。
子供たち

古い幹が夏の間に枯れているものが多く、ていねいに切り取っていきました。元気な枝の所まで切り取る時の角度を、しっかりと覚えていただきましたが、かなり難しかったようです。
枯れ枝取り

半分過ぎたところでタイムアウトになり、残りは二週間後にやることにして、狸二条広場に戻ってきました。出発した時にはオータムフェスタの片付けで、ごちゃごちゃになっていたものが、きれいさっぱり資材がなくなり、ようやく安田さんの彫刻もすっきり見えていました。
広場

いつもの蕎麦屋で千鳥蕎麦を食べ、バスで帰ろうとして、またわしたショップに吸い寄せられてしまいました。ドラゴンフルーツやスターフルーツなどを見つけて奥の方に行くと、ちんすこうの詰め放題が。前回はシークワーサーだったので、こちらに挑戦。380円でぎゅう詰めのちんすこう、19個ををゲットしました〜(^^;)
わしたショップ

ご案内

  • 2018.10.02 Tuesday
  • 05:41
10月は予定が目白押し。既に首が回らない状態になっております…(>_<)
来週末の13日には、造園学会の北海道支部大会が行われます。昨年は高橋武市さんをお呼びしての、大変盛り上がった支部大会でした。今年はちょっと専門的な「積雪寒冷地域の都市公園における屋内遊戯施設の可能性」というテーマです。毎年いろんなタイプのテーマにしているので、こういうやや堅いテーマを、みんなで真面目に取り組んでいることを知っていただければ。

 支部大会1
 支部大会2

その翌日14日には、毎年中島公園で行っている「見どころ探訪ツアー」があります。本当はもう一週間早くやりたかったのですが、今週末は私用で札幌にいないため、この日になったものです。これまでの参加費は、保険料の100円だけでしたが、今年から500円になっておりました…(^^;) より一層ていねいな解説が必要になりますが、問題は天候ですね。私の姿を見つけると雨を降らす奴がいるので、初めから傘を差して歩くことにしようかな。

 中島公園

同じ14日には、イコロの森で2年振りの『おとなのあきじかん』があります。庭と映画とウヰスキーとマーケットというぜいたくな組み合わせ。今回も残念ながら行くことができませんが、こういうのんびりした時間を過ごしてみたいなぁ…
おとなのあきじかん

この中には、「くさもみじ&シードヘッドツアー」なんてしぶ〜いツアーも企画されているし、映画は「FIVE SEASONS The Gardens of Piet Oudolf 」という、ガーデナーおすすめの企画となっております。
 くさもみじ
ウイスキーは、工藤ボスのウィスキーバーとか、厚岸のオイスターバーもあるそうですので、興味のある方はぜひお出かけ下さい〜

10月の幕開け

  • 2018.10.01 Monday
  • 05:40
沖縄知事選挙は玉城さんが圧勝し、再び県民の民意が明確に示されました。まっとうな政治を一日も早く取り戻さなければなりません。そして10月は台風の襲来と共にやって来ました。災害はもうご勘弁と、道民の祈る思いが通じるでしょうか。日本列島を縦断してきていますが、今のところ大きな被害もなかったようなので、とりあえずホッとしています。
昨日の朝、九州南部を通過中の台風24号(チャーミー)は、大型台風らしくはっきりした目を持っており、この時は種子島をすっぽり覆っていました。松山にいた高校3年の夏、やはり大型台風の目に入ったことがあり、雨風がピタリと止んで日が差してくるのです。1時間ほどすると今度は吹き返しの強風が吹き荒れましたが、不思議な体験を思い出してしまいました。
台風24号

植原さんの「ガーデニングの花」カレンダーは、ガーデンダリア‘ロゼ’でした。場所は長野県のラ・カスタ ナチュラルヒーリングガーデンで、本当は別のものを撮しに行ったところが、それがいまいちだった代わりに、ダリアを始めいろんなものが撮せてよかったとあります。

ガーデニングの花

藤川さんの花カレンダーは、秋バラの素晴らしさ。「どうして秋バラは濃いの?夕焼けがしみこんでいるから」とありますが、チコちゃんならどう反応するでしょう? 秋バラは、こんなにもりもりとは咲かないでしょうが…(^^;)
  花カレンダー

野菜カレンダーは、根菜(こんさい)類の大特集。珍しいクワイやキクイモ、ヤーコンなども入っています。今年の天候のお陰で果菜類は不出来な年になったようですが、こういう時に安定して収穫できるのが根菜類。美味しいイモを食べて秋を迎えましょう。
  野菜カレンダー

梅沢さんのカレンダーの9・10月はアサギリソウ(Artemisia schmidtiana)でした。道内では知床半島や礼文、後志の海岸など、それほどたくさん自生している訳ではないようです。私も自生しているのは見たことがないけれど、こんな風に生えているのですね。ガーデンではかなり多用している植物で、名前も素敵だけれど、草姿も天下一品です〜
梅俊カレンダー

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM