法面のササ

  • 2017.12.05 Tuesday
  • 05:56
先日函館に向かう途中、ちょうど苫小牧の市街地の山側を走っていると、法面に緑色のササが目に入りました。この場所なら間違いなくスズタケでしょう。錦大沼公園あたりの林内に密生しているけれど、暗い林床に映えているイメージがあるので、こんな吹きっ晒しの法面に生えているのは意外でした。好きこのんで生えた訳ではなく、根茎を伸ばしてきたら切土法面だったので、仕方なく生えていると言った方がいいかもしれません。
法面のササ

さいわい車が空いているので、100キロで運転していても問題なく撮すことができました。このカメラは手ぶれ防止機能が付いているので、適当に当たり付けてシャッターを押しても、ほとんどぶれないで写ってくれます。緑色をしていないササは、丈がかなり低いので、こちらは多分ミヤコザサでしょう。
ミヤコザサ

ミヤコザサは、成長点が寒害を受けないように地中にあるため、寡雪寒冷地適応型のササといえます。この黄色い部分がミヤコザサの分布域で、十勝から釧路、根室の道東域と、胆振、日高にかけて主に分布し、苫小牧あたりはその西端に当たります。スズタケは主に胆振・日高に散在しますが、苫小牧西部にはかなり密に分布があります。でもこんな場所では、冬季間にかなり傷むことが考えられます。スズタケとミヤコザサがパッチを作っている法面もあり、こういうところを運転していると飽きることがありません。
混生

樽前PAでトイレタイムを取った際に、フェンスの向こうにまた違うササが生えていました。見た目はまるで「クマザサ(隈笹)」ですが、道内にあるはずもないので、クマイザサの葉の縁が寒さで傷んだとしか考えられません。でもまだ冬に入ったばかりだし、札幌では今どきクマイザサがこんな風になることがないので、違うササかなぁ?とフェンス越しに眺めていました。
隈笹?

法事

  • 2017.12.04 Monday
  • 06:44
今回の函館行きは、母の四十九日法要と納骨がありました。朝いちで、姉と息子とでお墓の除雪に。お墓は高龍寺の末寺である地蔵寺にあります。
地蔵寺

雪は10cmほどだったので、軽くよける程度で済みましたが、お墓のふたになっている石が凍り付いて動きません。ガンガン叩く訳にもいかないので、あとで弟が不凍液を流して外してくれました。
雪かき

法事まで少し時間があったので、息子の会社で建てたばかりの建物を見に行くことに。函館駅前に一年前に完成した「キラリス」という再開発ビルです。有名デザイナーがデザインしたという割には、なんだか殺風景。息子は造作のチェックに余念がなかったけれど、本当は施工管理から設計に移りたくて仕方ないので、いろいろと思いはあったようです。
ガラン

駅前地区には朝市があるので観光客はそこそこ集まるけれど、町の中心はとっくに五稜郭や美原地区に移っているので、今ひとつ魅力がありません。一年経ってもこんなにガラガラでは、心配になってしまいます。
ガラガラ

函館には未来大学があるので、こんな仕掛けにはいろいろ工夫はされており、中にも「はこだてみらい館」という施設が入っているけれど、しばらく苦戦は続くのではと思ってしまいました。
仕掛け

午前中はかなりの雨降りで、納骨が心配されましたが、お墓に着いた頃にはからりと青空も見え、上磯のセメント工場もよく見えていました。本当にありがたいことです。
セメント工場

道路が凍らないうちにと、早く函館を出発し、前日はずっと雪道だった高速も、すいすいと走ってくることができました。お昼の弁当をいただく時間がなかったので、持ち帰って自宅で食べましたが、さすがミシュランにも載っている函館一の料亭「冨茂登(ふもと)」です。同じ商店会には、冨茂登をはじめ、五島軒や千秋庵総本家、阿佐利などがあるので、こういう時には本当にありがたいです。どうもごちそうさまでした。
ふもと

クリスマスファンタジー

  • 2017.12.03 Sunday
  • 09:44
雪の函館にいます。ようやくネットに繋がりました。
来る途中で室蘭に寄り、引っ越してきたばかりの息子一家を乗せて、函館に向かいました。内陸部に入るとかなりの雪になり、そろそろと走る車列で結構時間がかかりました。まだ明るいので、大沼に寄って団子を買い、せっかくなのでエプイを見てもらいました。
エプイ

建築の現場監理をやっているため、いろんな所のチェックをしているのが、やはりプロの目線なのがおかしかったです。施設の人は、年内にこんなに雪が降るとはねぇとこぼしてました。
雪かき

この時期に函館に来たのは初めてで、西波止場に飾られているカナダのハリファックスから毎年送られてくるクリスマスツリーを見に行くことに。毎日6時に点灯式があるのです。金森倉庫なんて、最近全然来たことがなかったけれど、今は来客の半分以上は外国からのお客さんで、昔のように地元の手作り土産が主体だった頃とは様変わりしているようです。
金森倉庫

ツルツル路面が大変だけど、家からは数分で行けるのがありがたいところ。12月初めての週末だったので、かなりの人混みでした。
点灯前

カウントダウンして、ぱっとツリーに明かりが灯っていくと、たちまち歓声が上がりました。今はLEDランプになったので、よりきめが細かく、色の変化も自在にできるようになったので、昔からは想像もできない豪華さです。真っ赤になる時間もあるそうです。毎年本物のモミノキを送っていただくハリファックス市のご厚意を、観光客のみなさんはどれだけ分かっているのかな?
点灯

そのあとは、緑の島から花火が打ち上げられました。そんなにたくさんではないけれど、足元が冷え込むこの時期にはちょうどいい感じで、終わると共に暖かい室内にさぁっと人並みが移動していきました。一才の孫1号はキョトンとしていたけれど、思い出になったかなぁ?
花火

緑丘蔵

  • 2017.12.02 Saturday
  • 05:55
先日上川で、ガーデンのみなさんから受賞祝にいただいたものは、(やはりというか)「お酒」でした…(^^;) でもその酒は、町内に誕生した新しい酒蔵である『緑丘蔵』(りょっきゅうぐら)のお酒。この秋から初めて仕込まれた、生まれたてほやほやのお酒なのです。

緑丘蔵

町に酒蔵ができるというニュースが飛び込んできたのは、昨年の12月。ちらちらと噂には上っていましたが、道新にいきなり出てきました。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
161214記事
 (道新WEBより拝借しました。m(__)m 2016.12.14)

そして春には建物が完成したというニュースが。どこに出来たのかと思って、いつも立ち寄って山菜や野菜を買っている、国道脇にある農協の販売所で聞いたら、この隣だよ〜と言われてびっくりでした。あんまり小さな建物だったので、酒蔵のイメージと全然違っていたのです。その辺りはこちらを見るとよく分かります。(3ページありますので、ぜひ最後までご覧になって下さい。)

で、肝心の味はというと、こちらもびっくりでした。その宴席には地元だけに出回っている一升瓶の「神川」(写真右側の初しぼり生)が出されていたのでさっそく飲んでみると、純米酒なのにまるで吟醸酒のように澄み切った味だったのです。ちょっと呑みやす過ぎて物足りないかも…と思えるほどの味だけど、これで2,000円なの?とまたびっくりでした。この蔵は、少仕込み・高品質を謳った純米酒だけで勝負するので、これは楽しみです。(なおラインナップはこちらから。)少量ずつなので、たちまち売り切れていくそうです。

上川町と下川町。もともと林業の町だったけれど、今はそれぞれ独自の道を模索して奮闘しています。名前的にもジャンプの盛んなところもよく比較される町どうし、とても面白い企画なので、こちらもぜひご覧になって下さい。
 (このWEBマガジンになった「カイ」は面白いですよ〜 )

※なお明日は札幌不在となり、アップすることが出来ないかもしれませんので、その節はよろしくお願いいたします。m(__)m

12月になりました

  • 2017.12.01 Friday
  • 06:01
今日から師走。こんなに時間が経つのが早くなるなんて。歳を取るとゆったりとした時間が待ち受けているのかと思っていたのに、現実は全く違ったようです。師どころか凡夫もあたふた走り回っているうちに、世の中は完全にクリスマスモードになっております。

植原さんのガーデニングの花シリーズもクリスマスディスプレイで、場所ははままつフラワーパークとのこと。植物をうまく撮すためには昼間だけど、トナカイのライトは夜でなければうまく撮らないので、その間を取って撮したとありました。冬季間は本来16時半閉園が、この時期は21時まで夜間開園して人を集めています。最近冬枯れ対策に、ライトアップによる集客が盛んに行われるようになってきているけれど、道内では難しいでしょうね。
ガーデニングの花

藤川さんの花カレンダーは樹形シリーズ。といってもなんとなくクリスマスモードになっております。冬でも緑を保つ常緑樹に、生命力を感じてきた北方系民族ならではの感覚でしょう。いわみざわ公園のような室内庭園があれば、寒さに縮こまらないでゆったりと樹形を楽しむ余裕ができるのが、なんともうらやましいことです。
花カレンダー

野菜カレンダーはカボチャシリーズでした。昨日乗ったJRの車内誌はカボチャ特集で、圧倒的な生産量を誇る和寒町が舞台でした。帰りにもらって帰ろうと思ったら、なんとオホーツクには置かれておりませんでした。ひどい差別をするものだと怒りがふつふつと…(`ヘ´) 固い殻が付いていないタネを食用にする『ストライプペポ』が紹介されていました。その成分分析をしているのが、F大の教授をやっている友人だったので、食べてみたくなりました。札駅の北海道どさんこプラザの売上げナンバーワンになっているそうです。冬至カボチャに限らず、冬を乗り切るための保存食としてのカボチャは、北国に住む私たちの暮らしをしっかりと支えているのです。
野菜カレンダー

反省会

  • 2017.11.30 Thursday
  • 05:59
昨日は上川への出張。森のガーデンの管理について、最後の打合せと反省会がありました。昨年までは9時40分発のオホーツクがあったけれど、これがなくなって、昼前後に上川に着く列車がなくなってしまいました。そこでやむなく旭川でバスに乗り換え、上川に向かうことに。これまでより40分以上余計にかかってしまいます。
バス

旭川駅前から乗ったのは二人、その人も途中で下りてしまい、数人が前後して乗り降りしたけれど、上川まで通しで乗ったのは私一人でした。昨年も何回かJRで上川まで行ったけれど、降りたのは私一人だったことがもありました。なんだかんだといって普段利用されていないのだから、この期に及んで慌てふためくのはいかがなものかと思います。どうやって地域の路線を維持していくのか、真剣に考えなければならないでしょう。それにしても、普通の路線バスなんだけれど、携帯の充電施設が設置されているのにはびっくり。そこまでやる意味があるのかな?
充電器

上川には時刻表通り12時に到着。降りる時に思わず運転手さんに、本当にピッタリに付くのですねぇと言ったら苦笑いしてました。乗り降りがほとんどなく、ひたすら走ってきたので、定刻に付くことができたのでしょう。ちょうどエスポワールの鐘が、ポワンポワンと鳴り響いておりました。いつものように「しばやま」で「‘日本一’のラーメン」を。味は美味しかったけれど、お客さんの少なさが気になりました。
ラーメン

打合せの前半は、上野さんと私とガーデンスタッフによる反省会。ガーデンの入場者の集計を見ながら、今年の足りなかった点や改善の方向性を話し合いました。昨年に比べて横ばいながら、想定していた数字にはほど遠い結果になったので、反省点は結構山積みになりました。
反省会

その後役場のスタッフを含めてさらに詳細の詰めを。整備開始から5年を経過し、一区切り着いた時期にあるだけに、更なるブラッシュアップをどうやっていくのか、いろいろ関係スタッフがしっかりと戦略を立てていく必要があります。夜の部には場所を変えて懇親会を開いていただきました。冒頭にはみなさんから造園学会賞受賞のお祝いまで頂戴し、恐縮しきり。本当にありがとうございました。
お祝い

昼までは雨が降っていたけれど、夕方にはかなりの吹雪に。そういえば昨年もJRが止まって大変だったなぁと思いだしました。駅で待っていても何も連絡はないし、本当に来るのかしらんと思っていたら、10分遅れで列車が到着。上野さんはじめ、みなさんが見送っていただき感謝感激でした。
見送り

来年も少し形は変わりますが、しっかりとガーデンを支えていこうと思っています。いろいろ仕掛けも仕込んでいますので、ぜひご覧になっていただきたいです。

冬囲い

  • 2017.11.29 Wednesday
  • 05:46
今年はいろいろと仕事以外に時間を取られ、肝心の仕事の方が片付いておらず、そろそろお尻に火が着いてきました。そんなバタバタの中で、ハルニレの苗木のことがずっと気になっていました。早く冬囲いしなければ雪に埋まってしまいそうだけど、全然時間が取れないので、ついついほったらかしに…(>_<) そんな状況を見透かしたかのように、Yさんから「冬囲いしなくていいのでしょうか?」とメールが入って来ました。そこでなんとかすき間を作り、昨日の午後からやることにしたのです。
苗畑

そんなに時間はかからないので、いつも草取りに来ていただいたMさんにも声をかけると、快く手伝ってくれることに。ちょうど寒気が緩み、バッチリのタイミングでした。30〜50cm程度の小苗は、倒してしまうことに。土がいいせいか、ものすごく根が張っておりました。
苗木倒し

昨年持って来た時のように、軽く溝を掘って苗木を寝かせ、土をかけておきます。こちらの作業は二人で着々とやっていただきました。
寝せ植え

私の方は40本ほどある大苗の冬囲い。支柱の女竹に縛っていくのですが、ムダ枝を落としながらやったので、かなりすっきりな姿になりました。こちらもほぼ同じくらいの時間で完了。このあとまた寒波がやってくるようなので、ぎりぎりセーフというところでした。お二人にはいつも感謝です。本当にありがとうございました〜m(__)m
枝折り

場所を借りているナーセリーのハウスを覗いてみると、この時期でもせっせと苗の植え替えや挿し木が行われています。こんな地道な作業の積み重ねによって、道内のガーデンが支えられていることを、もっと広く知っていただく必要がありそうです。
イコロファーム

せっかく手稲まで来たし、帰り道が同じ方向なので、みんなで白実ナナカマドを見に行きました。すっかり葉が落ちて真っ赤な実が目立つ中に、一本だけこの木があります。今年は少しピンク色が強いように感じましたが、果柄が真っ赤だからそう見えるのでしょうか。年々木が大きくなっていくので、間近に見られなくなってきそうです。
白実ナナカマド

ふと横にある公園の木を見てあれっ!ハルニレがずらりと植えられている中に、アキニレが数本混じっているのです。特徴のある樹皮を先日松山で見たばかりだったので、すぐに分かりました。ということは、これらのハルニレは道内産ではなく、わざわざ本州から運ばれてきたもので、その中にアキニレが紛れ込んだとしか考えられません。道内でアキニレを栽培しているという話は聞かないので、そんな可能性を考えてしまいます。いろいろと不思議なものがあるものですねぇ。
アキニレ

キルタンサス

  • 2017.11.28 Tuesday
  • 06:01
昨日は−6℃前後で風が強く、顔が痛いくらいでしたが、今朝は生暖かい風が吹き、寒気もかなり緩んでました。ツルツル路面も少しは融けてほしいものです。この時期は事務所に引きこもり、締め切りに追われてひたすら仕事に埋没する日々が続きます。早朝のロードワークで約5千歩稼いでいるのがせめてもの救いでしょうか。

そんな日々だとブログネタも無く、もうそろそろ止めようか…と思わないでもないのです〜(^^;) でもせっかくなので、いつもの誕生花に逃げようとしたら、本日28日はオンシジウム、エゾギク、サンダーソニア、ヘリコニア、キルタンサスとありました。あんまりなじみのないものばかりでしたが、キルタンサスにはちょっと思い出があったので、その話を。
コントラクツス
 (植物画像は2枚とも、海外のサイトから拝借させていただきました。m(__)m)

キルタンサスは南アフリカが原産の球根植物で、道内での耐寒性はありません。栽培されているのはこのキルタンサス・マッケニー(Cyrtanthus mackenii)が多いようです。繊細な葉の中から花茎を伸ばし、細長く伸びる花筒が特徴の花が、冬の間ずっと咲き続けるので、暖地では庭植えにもされているみたいです。
キルタンサス

学生の頃、大学の研究室にあった温室に、3〜4品種が植えられていたのです。その温室は農学部のすぐ裏にありました。明治30年代に今の時計台周辺にあった札幌農学校が、現在のところに引っ越してきましたが、正面中央できた農学教室の裏に建てられたのがこの温室です。
札幌農学校
 (「覆刻札幌農学校」 北海道大学図書刊行会刊行 1975 より)

昭和11年に現在の校舎が建て替えられた時に、温室だけが残されたので、以前は直接繋がっていたものが、少し距離ができたのです。
農学部裏

私がいた頃には、さらにその後ろに新しい温室ができていたので、これを旧温室、新しい方を新温室と呼んでおり、どちらにも研究室付属の部屋がありました。旧温室には、右から1/3が我々のテリトリーで、いろんな植物が栽培されていました。植物に興味のある学生なんかずっと誰もいなかったので、私一人でずいぶんと楽しませてもらいました。この写真を撮したのが2002年で、その後まもなく取り壊されてしまったはずです。キルタンサスやユーコミスは欲しかったので、この時中を見に入ったけれど、既に空っぽになっていました。そんな思い出のあるキルタンサスだけど、本当にここ以外で見たことがないなぁ…
旧温室

紅の夢

  • 2017.11.27 Monday
  • 06:00
私がプラムリーでジャムを作っていることを、このブログで知った方から、大変珍しいリンゴをいただきました。Brainsの交流会に参加にあわせて、わざわざ届けてくれたものです。果肉まで赤く、酸味が強い加工向きのリンゴだとのことでした。まだ残っていたブラムリー(左)に負けないくらいの大きさで、母親である紅玉(右)より一回り大きな果実でした。
リンゴの比較

この「紅の夢」というリンゴは、紅玉とスターキングデリシャスの交配によって作られた品種であると思われていました。ところが遺伝子を調べると全然違っていて、どうもエターズゴールドという品種のようだが、この品種は果肉が赤くならず、名前の通り黄色くなる品種なので、どこかで間違ってしまったらしいということが分かったそうです。
紅の夢
 (「青い森の片隅から」 (青森県のりんご)より引用させていただきました。m(__)m)

一昔前ならこんなことは分かりようもなかったのに、今は遺伝子レベルで配列や数がきれいに分かるため、名無しではかわいそうと「赤肉親候補A」などという不粋な名前を付けられたリンゴが片親ということになったのだそうです。

花粉親
 (青森県のりんご)より引用させていただきました。m(__)m)

昨日さっそくジャムを作っておこうと、サクッと割ってみると、思わずおおっと声を上げてしまうほどの鮮やかさ。なかなか衝撃的な果肉の色でした。
断面

これは果皮ごとジャムにすると真っ赤になりそうなので、皮付きでさっそく煮ていきました。紅玉よりもかなり早く柔らかくなり、同程度の酸味なので、とっても風味がよく、甘酸調和の取れたジャムになっていきました。
皮付きジャム

この後残っていた紅玉とブラムリーでそれぞれジャムを作り、今年のジャム作りは無事に終わりました。こんなバラエティーに富んだジャムは初めてで、嬉しくなってしまいます。「紅の夢」はまだ市場にはほとんど出回っていないようですが、一日も早く出回るようになってほしいです〜
ジャム完成

こんな貴重なリンゴを頂戴し、本当にありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。m(__)m

プレインズ

  • 2017.11.26 Sunday
  • 05:49
昨日はブレインズ主催の北国のガーデナー交流会。前日と同じ かでる が会場だったので、向かっているとデジャブ感がありました。午前中は恒例のツアー報告。全道各地でこんなにオープンガーデンが盛んになったのは、もちろんブレインズの功績です。
ツアー報告

前日のようにもりもりと花が飾られていなかったけれど、縁台横にかわいい花が飾られていました。これも恒例ブリッタさんの製作です。
花

午後からの講演は今年も二つあり、まずは昨年に引き続き、草間さんによる病虫害のお話。農薬メーカーにお勤めではありますが、決して農薬の売り込みをするものではなく、病虫害対策の基本を実に丁寧に分かりやすくお話しされていました。この話術の巧みさには昨年も脱帽させられましたが、「芸」として確立されているように感じます。
草間さん

午前中は前の方ばかりしか座っていなかったけれど、いつしか後ろまでぎっしりと埋まっておりました。
会場

後半は仁木ヒルズでガーデンを製作中の福森さんのお話。ヘッドガーデナーを15年も勤められていた、群馬にあるアンディ&ウイリアムスボタニックガーデンの紹介から。真夏には40℃にもなる場所に作られているので、植物的にはとても大変だったようです。
群馬

昨年から仁木町内に現在造成中の仁木ヒルズの一角に、たった二人でこつこつと造成中のガーデンの紹介がありました。オープンは再来年ということなので、道内にまた魅力的なガーデンが生まれることになりますのでお楽しみを。
仁木

近くのホテルで行われた交流会。いつの間にやら参加されていた金子さんも交えて、とっても盛り上がった2時間でした。みなさん一年の締めはこれでなくちゃと完全に定着しているようです。
乾杯

二次会もいつもの「よいところ」。頭の中がくるくる回りながら、楽しい時間が過ぎていきました。今年もみなさんお疲れ様でした〜
二次会

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM