溜めてしまった古切手

  • 2014.12.14 Sunday
  • 05:48
私は性格が貧乏性なせいか、何でも捨てられなくて溜め込んでしまう癖があります。昨日ふと引き出しから出てきたのが使い古しの切手の山。たくさん来る郵便物に貼られている切手の中には、記念切手のようなきれいなものが混じっています。これが捨てられない…
切り取って封筒に入れていたものが、2〜3年すると一杯になるので、ある程度溜まると家に持って帰り、ケースに溜め込んでいます。どれだけ溜まっているのか見るのも怖いくらいです。確かに子どもの頃には一度夢中になったことがあったけれど、すぐに飽きてしまいました。なのでコレクションをしているつもりはないのだけれど、溜まったものをどこかに寄付するのも面倒なので溜まる一方に。

自分で出すものは、わざわざ中央郵便局に行って、各地の花の切手を買ってきたものを貼るようにしています。なので、花系のものはやはり気になってしまうのです。
花系
道内のレブンアツモリやスズラン、ハマナスは結構な数があるのであまり集めませんが、カリステモン、ヘレボルス、ハナショウブ、アカヤシオ、雲仙ツツジ、ハナミズキなどなど、結構面白いものがあります。真ん中にある洋梨は、新潟県の‘ル・レクチェ’だそう。東京タワーとロウバイなんてのは、いったいどんな関係があるのやら?

次に目を引くのが、浮世絵や絵画、工芸品などの芸術系のものでしょう。やたら金泥を使って高級そうなものが多いのです。
芸術系
問題はこれが一体何なのかがよく分からない。書いてあるものは、ルーペでよく見るとなんとか分かるものの、さっぱり?というものもかなりあります。

最近意外と多いのがご当地切手。岡山県のキジ、小樽運河、京都円山公園のサクラ、沖縄の識名園、函館のハリストス正教会、今治城、二条城、勝沼のブドウ園 などなど。
ご当地系
こういうものは、集めると面白いかもしれませんね。

意外にあるのにびっくりしたのがマンガ系。ハローキティやディック・ブルーナのふみの日切手くらいは知っていたけれど、ちびまる子ちゃんやベルばら?その他はさっぱり…こんなものがたくさん出ていたのですねぇ。まぁ自分の顔まで切手にできる時代ですから、誰かの顔の切手が送られてきたらどないしょ…(^^;)
マンガ系

さぁ今日は投票日。日本の進路を本当に託せるか、よく考えて必ず投票しましょうね〜
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM