北彩都ガーデン

  • 2014.06.10 Tuesday
  • 05:51
札幌は昨日の朝方また少し雨が降りました。アメダスを見て、余市には降らなかったのでがっくり。今週また傘マークがあるので、それに期待したいです。ぱらぱら雨の中、朝いちの特急で旭川へ。列車で行けるところは、なるべく車を使いたくありません。
駅前広場もまもなく完成だとか。妙にだだっ広い空間が出現していました。これはご勘弁と南口に回ると、忠別側の河川敷との間に作られた、緑豊かな北彩都ガーデンが広がっています。
ガーデン1
北彩都ガーデンブログではちょくちょく見ていたのですが、完成後実際に見るのは初めてなので、とても楽しみにしていました。植えられた翌年の昨年、あんまり植物の育ちがいいのにびっくり。一体どんな土を入れたのかなと興味津々。今年の生育はもっとすばらしく、株がもう押しくらまんじゅうになっているのです。うらやましいなぁ…(>_<)
ガーデン3
ちょうど今はアリウムの見頃。白花のねぎ坊主畑が出現し、風に揺れているさまはなんとも微笑ましいものでした。河川敷に近いので、水はけがよすぎるくらいの砂質土壌とのこと。アリウムの生育には最適な環境となったようです。設計に当たったSさんもホッとしていることでしょう。新しい名所の誕生です〜
ガーデン2

氷点橋の下をくぐると、まだ造成途中の大池周辺には、帰化植物見本園のような空間が広がっています。その中に白花のアカツメクサを見つけました。これで二回目、10年くらい前に四季の杜公園で見て以来でした。本来の赤花株と混じっているととても美しく、移植してガーデンに植えておけばいいのにと言っておきましたが…(^_^;)
白花アカツメクサ

宮前公園の西エリアでは、少しずつですがガーデンの造成が進められています。今年センターハウスの建築工事が行われ、来年でようやく完成という予定でしょうか。隙間を縫うように花壇の植栽が行われています。先月末には、ガーデンボランティアによる植栽も行われ、もっとやることはないのかとせっつかれているとか。ガーデンと共に楽しみな方達です。
宮前公園

帰りがけ、もう一度ガーデンに出てみると、おばちゃん達が「あらきれいだわねぇ!」とねぎ坊主の前で盛り上がっていました。駅を利用する人だけでなく、駅にあまり縁のない市民にとっても楽しく過ごせる場所になることと思います。無機質な北口と、緑豊かな南口のコントラストは際立っており、駅周辺整備の中で最も高質な空間が生まれたと言ってよいでしょう。
ガーデン
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM