地球温暖化?

  • 2013.09.03 Tuesday
  • 06:58
日曜日、余市の畑で作業していると、辺りがセミの鳴き声に包まれていました。余りにもうるさいので、どこにいるのかと思いきや、畑の中のワイン用ブドウに、たくさん留まって鳴いていたのです。それにしてもエゾゼミにしてはやたらうるさいと思ったら、なんとアブラゼミでした。
アブラゼミ
私の育った松山の田舎では、セミの主力はアブラゼミとニイニイゼミ。近くのお寺にたくさんいたので、この鳴き声は頭の中まで染みついています。それにしてもうるさい…{{{(^。^)}}}
道内でも南西部にいることになっており、実は札幌にもいることを今年の初めに知りました。この情報によれば、北大構内、円山公園、真駒内公園などで確認されているのです。

札幌市のセミ

近くのアブラゼミを黙らせて、少し静かになったと思ったら、隣の沢の木でなんとミンミンゼミが鳴き始めました。いやはや余市は、家からたった一時間の距離なのに、ずいぶんと違うものだと感心しました。「札幌市のセミ」情報によれば、ミンミンゼミは定山渓で鳴き声が確認されてますが、大倉山でも一度聞いたことがあります。これでツクツクボウシが鳴いたら、夏の終わりのセットが完了なんですが…
そういえば先週の朝早く、盤渓小学校の街灯の下で、大きな甲虫がひっくり返って足をばたつかせていると思ったら、つまんでみてびっくり。カブトムシの♀でした。カブトムシは、全道いたるところに広がってしまったようですね。温暖化の影響なのかよく分かりませんが、南方系の虫が広がってくるようになると、作物などへの影響も心配になってしまいます。

農機具小屋の入り口に見慣れない草が繁っており、よく見るとブタクサでした。
ブタクサ
最近はいろんなところで出くわすようになりましたが、昔はそんなになかった植物です。北海道ブルーリストによれば、全道市町村の1/3に出現しているので、急速に道内に広まっているのでしょう。シラカバや牧草類に加えて、ブタクサまで花粉症に加わるようになると、北国もだんだん居心地が悪くなってしまいそうです。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM