ヤブガラシ

  • 2013.08.19 Monday
  • 06:51
土曜日に北大から帰って、駐車スペースに車を入れたところ、隣のHさんの車庫とのすき間に、ヤブガラシがずいぶん茂っているのに気付きました。数年前に初めて芽を出したのですが、やたら大きくなってきたのです。
   すき間

ヤブガラシ(Cayratia japonica)はブドウ科のつる性草本で、『藪枯らし』の名の通り、旺盛につるを繁らせて草や木を覆い尽くし、やがて枯らしてしまうほどです。別名「貧乏葛(びんぼうかづら)」とは、庭の手入れどころではない貧乏人の住処に茂ることなので、そろそろ隣のHさんに言って、抜いてもらわなければならないようです…(^。^;;
ヤブガラシ
この場所ではまだ花は咲いていないのですが、先ほど北大のアメリカヅタ(Parthenocissus quinquefolia)の花を見て、ヤブガラシそっくりだなぁと写真を撮したばかりでした。同じブドウ科ですから、似ていてもおかしくありませんが。
アメリカヅタ
(圃場のフェンスに絡まって花を着けているアメリカヅタ  2013.8.17)

実はこのヤブガラシ、もともと札幌近辺にはなかったもののようです。自生分布は渡島半島までで、確かに松前などではあちこちに藪を作っているのを見たことがあります。ところが最近、あちこちでヤブガラシに出会うようになりました。富丘西公園にも一部茂っているところがあるし、新川の河川敷にもあったとの情報も。先日はとうとう滝野公園にも出現し、あわてて抜いてもらったばかりでした。
滝野公園
(カントリーガーデンの‘アナベル’に絡みつくヤブガラシ  2013.7.30)

いろいろなものの移動が激しい世の中ですから、ヤブガラシだって何かに紛れ込むことは十分に考えられます。案外日除けにするつるものに最適だと、わざわざ持ち込まれることだってあるかもしれません。貧乏人だと思われないよう、見つけ次第駆除して下さいね〜
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM