狩勝園地の春

  • 2013.06.13 Thursday
  • 06:26
新得の旅館も、無線LAN機能が付いたので、無事にネットに繋がりました。
トマムのICを下りると、狩勝峠を越えて、雲が激しく流れているのが見えました。雲というよりガス(濃霧)ですね。北海道の背骨に当たる、険しい峠の環境がなせる技でしょう。
トマム

峠に向かうと、やはりガスに包まれて、残念ながら豪快な景色は見ることはできませんでした。
狩勝峠

狩勝梅園のウメは、先週ようやく花が終わったばかりだと。サクラはそんなに遅れなかったけど、ウメはかなり影響を受けたようです。まだ花が見頃の株も少し残っているくらいでした。
ウメ

ここの桜並木は、旧国道の並木として歴史のあるものですが、その合間に『釧路八重』が何本が植えられており、まだ花が残っていました。このサクラは、町内にたくさん植えられているようです。これが本当にエゾヤマザクラからの変異なのか、本当に不思議なくらいの万重咲きの花容です。
釧路八重

昼食は。麓に下りたところにある「そばの館」か。ラーメン屋しかないので、当然そば屋に。毎日違うものを食べるとして、まずはニシンソバから行きました。旅先では、普段食べないものを食べたくなってしまいます。
ニシンソバ

すぐ裏には、かつて狩勝峠を越えていた、根室本線の線路跡が自転車道になっています。そこにあったオニグルミ。こんなに間近に雄花と雌花が観察できて、かなり感激♪この雄花は、海ブドウに似ていると思ってしまいました。
   オニグルミ
(しおらしく垂れているのが雄花、上でふんぞり返っているのが雌花です♪)

調査は単調なので、つい、いろんな下草に、目がさまよってしまいます。ここにはスミレが多いのもうれしいところ。札幌近辺では、スミレなんて見たこともないですからね…
スミレ

エゾノクサイチゴ、ジシバリ、ミツバツチグリなどと共に、時々ハッとさせられたのがニシキゴロモ。
ニシキゴロモ

もちろんこの仲間では、アジュガ・レプタンスがよく植えられますが、このニシキゴロモだって、十分見どころがあると思いますけれどねぇ…

6時近くまでがんばり、なんとか四日間で終わらせられる見込みがついて。ホッとしました。旅館に帰るとおばちゃん達が騒いでました。旅の突撃番組で、照英と若花田が来たけれど、満室で泊められなかったので、違う旅館に行っちゃったって。そんなお騒がせ番組、まだやっているんだぁ。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM