デパート案内(札幌一番街編)

  • 2013.05.16 Thursday
  • 07:04
3月末にデパート巡りを始めたのに、その後四国への帰省や、あちこちの現場が動き始めたため、肝心の所を紹介するのをすっかり忘れていました。札幌の商業の中心、一番街(創成川から現在の三越までの南一条通)のデパートです。ここに挙げている双六(部分)は、さっぽろ文庫別冊の札幌歴史写真集(明治編)の表紙に使われているものですが、『札幌区実業家案内双六』と銘打っており、そのほとんどが一番街にあったものです。(製作は明治36年)
双六

現在の丸井今井になった「今井呉服店」やIKEUCKIの「池内商店」、あるいは現在もそのままの姿を保っている「秋野薬舗」などが見受けられます。この資料をいただいたのは、「齋藤薬舗」(現在のLA・GALLERIA)の関係の方からで、古を振り返るタウンウォッチングに使ったものだそうです。番号は、その時の回る順に付けられたものでしょう。

かつての丸井今井は、誰もが「丸井さん」とさん付けで呼ぶほど親しまれていました。私が来た時にはまだ南一条側の古い建物しかありませんでしたが、エレベーターガールが操作する手動のエレベーターが見物だったことを思い出します。建物廻りの真鍮の手すりがピカピカに磨かれ、いかにも老舗百貨店という雰囲気を持っていました。1975(S50)年に大通館ができ、この案内はその当時のもののようです。この時の一条館は、地下を除いてすべて事務所として使われていたのですね。
丸井

大通館の最上階には、花と緑の広場(?)があり、滝が流れていました。長い冬に飽きてくると、よくここに行ってぼけーとしていたことを思い出します。このようにくつろげる空間は、今のデパートなどではすべ絶滅してしまったアイテムでしょう。

丸井に比べて三越は、フロアが狭くて余裕がなく、そんなに行くこともなかったと思います。それでもこれを見ると、屋上には観覧車やモノレールを含めて、賑やかな施設があったのですね。
三越

かつての丸井と三越は、ライバルとしてずっと競合関係にありましたが、駅前に大丸が来るや、あっという間に蹴落とされてしまい、さらには同じ伊勢丹傘下の同じ会社になろうとは。
デパートそのものは、当時も今もあんまり縁はなかったですが、私がいつもかぶる帽子は必ず丸井でとか、多少のこだわりは残っています。でも今のフロアは正直つまらないですね。いろんな掘り出し物を見つける楽しみのあった昔の百貨店の面白さは、本当になくなってしまいました。今のデパートの魅力は、一体なんなんでしょうね?(そのうちまだ函館編等続く予定…)
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM