サクラ三昧

  • 2013.05.15 Wednesday
  • 06:59
昨日は朝から夕方まで、あちこち打合せやら現地確認やら。天気がよければ、あちこち走り回るのも楽しいのに、相変わらずどんよりした空模様。この辺りにのエゾヤマザクラは、もう満開になっている木が多く、こんな空がバックではあまり映えませんが、それでもようやく春が…という感じがします。
エゾヤマザクラ

通りがかったついでに、昨日開花宣言を出した、札幌管区気象台の標本木(札幌はなぜかソメイヨシノ)を見てきました。昨日朝には7輪咲いていたので、開花宣言が出たとのこと。もっとたくさん咲いているのかと思いきや、あれれ…どこに花があるの?というかんじ。
標本木

庁舎前のエゾヤマザクラは、日当たりがいいせいか、もう満開を過ぎているというのに、標本木のソメイヨシノはまだほとんど花が咲いていないのです。札幌の標本木は、最も一般的なエゾヤマザクラにするべきだと、ずっと思っていましたが、こんな状態を見ると一体何の意味があるの?という感じですね。
今年本州以南で最も早く開花したのが、福岡や宮崎の3月13日ですから、桜前線がちょうど2ヶ月かかって札幌に到着したと、同じ樹種で比較をするのは確かに意味があるでしょう。しかし、肉や野菜を加工したり、コンロの手配をしたりと、花見関係者はこの予報に一喜一憂しているのですから、札幌で圧倒的に普及しているエゾヤマザクラでも開花情報を流すべきだと思います。なんだか寒々しく咲いているソメイヨシノを見ていると、ちょっとかわいそうな気がしてしまいました。
ソメイヨシノ

午後から中の島の寒地土木研究所へ。ここには、1984(S54)年に植えられたチシマザクラがありますが、生育不良になっているので見てほしいと。以前から、コブ病やテングス病が多発しているから、早くなんとかしなさいよ〜と言っていたのですが、結局ほったらかしに。いよいよひどくなってからSOSが来てもねぇ…という感じです。
寒地土研

例年エゾヤマザクラより早く、ゴールデンウィーク前半が見頃のはずですが、ここも約10日遅れくらい。しかも枯れ枝がやたら目立って、歯抜け状態になっています。ここの特徴は花色の幅が広いこと。ほんのりピンクを帯びていて、開くにつれて白くなっていくのが基本ですが、かなりピンクの濃いものが結構混じっています。
チシマザクラ2

チシマザクラの花色の濃い株からは、『国後陽紅(くなしりようこう)』と名付けられて品種登録されたものもあり、ここにも結構美しい株が見られます。
チシマザクラ1

今のところ公開は金曜までとのことですが、夜にはライトアップもされているそうですので、しっかりと防寒してご覧になって下さい。
コメント
日記読ましてもらってます。昨日から所用で松前、函館へ出かけ数年ぶりに「お花見」気分でした。松前は大山桜、染井吉野は終わり、「里さくら」の早咲きが開き始めでした、函館は柏木町の染井吉野並木が見頃状態、帰り道中、森町の染井吉野は
まだ早いようでした。気象台の標本木の話、札幌周辺の「染井吉野」一般的でないですよねやっぱり「大山桜」になぜしないのか不思議ですね。染井吉野は生育条件が厳しいのか(管理も悪いのか)あまり良くないですよね?森林総合研究所の染井吉野はわりといいほうだと思いますけど?「里さくら」類はあまり良くないですよね。
  • 滝野フラワーガイド・竹内秀敏
  • 2013/05/16 8:00 PM
竹内さま

コメントありがとうございます。
松前や函館のサクラを一度見たいと思いつつ、まだ果たせないでおります…(>_<)
なかなかこの時期には、体が空かなくて残念です。
それにしても開花標準木は、絶対にエゾヤマザクラにすべきだと思いますね!札幌は2種類あってもいいのでは?とも思います。
新聞に投書しますかねぇ…
  • こまめ
  • 2013/05/17 7:01 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM