生垣刈り

  • 2020.09.20 Sunday
  • 05:53
あれこれ煮詰まっているけれど、こういう時は無心に作業に没頭して、汗をかくのが一番です。圃場に入ろうとしたら、入り口がアメリカヅタにすっかり絡まれていました。バリバリと開けると、既に葡萄色に熟した果実が。紅葉の季節がもうすぐです。
アメリカヅタ

圃場内を一回り下見で歩いていると、やたら芝生のくずが落ちていました。よく見るとカラスがほじくって無数の穴を空けているのです。地中にナガチャコガネの幼虫が発生すると、それを食べたくてほじくりまくるで、大通公園や創成川公園でも大被害を受けたことがありますが、ここもあんなハゲチョロになってしまうのかなぁ…(>_<)
芝生

今年は干害が一度も起きず、そこそこ雨が降ったおかげで、イボタの生垣が大変なことに。こんなにボウボウに伸びたのは初めてです。
生垣

こんなに伸びてしまうと、刈り込みバサミではとても刈れないので、枝を引っ張り上げながら、少し深めに剪定していきます。いやはや大変な作業になってしまいました。
剪定

それを追っかけるように、刈り込みバサミできれいに刈り込んでもらいました。これなら私でもでも大丈夫と、ていねいに仕上げていただきました。
刈り込み

結局2時間以上ひたすら剪定し、腕がパンパンになってしまいましたが、芝刈り隊長にも手伝ってもらって、なんとか刈り込みを終えることができました。これだけきれいに仕上がると、疲れも吹き飛んでくれます。
バッチリ

芝刈りの終わった芝生には、さっそくカラスが集まって来ました。見られていると気になるのか、全然ほじくらないけれど、いなくなったら盛大に掘り始めるのかなぁ…
カラス

生協の食堂に遅い昼食を食べに行くと、相変わらず学生さんの姿もまばらでした。テーブルを仕切って座席も半分にしているので、後期授業からは対面授業が始まり、みんながどっと出てきたら大変な混雑になりそうです。水も薬味も提供中止になっているので、お茶と七味持参でワカメそばをいただきました。指がなまって箸を落としそうになりましたが、ワカメがたくさん入っていて美味しかったです〜
若芽蕎麦
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM