ダリアの季節

  • 2020.09.17 Thursday
  • 05:52
昨日打合せに行った帰りに、道の向かい側にあるダリア通りを見てきました。かつてこの辺りにはいろんなダリア園があったそうで、現在でも「ダリア町内会」として名を残しています。川に沿って伸びる緑地帯にダリア花壇が作られていて、毎年たくさんのダリアが植えられているのです。今年もダリア通り祭りが、26日にあると貼り紙がありました。
ダリア通り祭

ダリアはメキシコの国花になっているように、メキシコの高原地帯が原産地なので、高温には強いけれど過湿環境が苦手です。全国的に栽培されますが、北海道や東北地方でこそ、その真価を発揮します。かつては道内でもたくさんの生産者が育種もやっていましたが、現在は滝野公園や百合が原公園にたくさんの品種が植えられている、早来の「やまきダリア育種研究所」くらいでしょうか。ダリアは花型によってこのような系統に分けられています。(Wikipediaより)

系統

ダリア通りにたくさん植えられているダリアは、支柱が全く立てられていないため、かなりぐだぐだになってかわいそうですが、いろんな系統の品種が見られました。これはストレート・カクタス咲き(St.C)の品種です。
ストレートカクタス

同じカクタス系だけど、花弁が内側によれて咲くのがインカーブド・カクタス咲き(I.C)の品種。
インカーブド

カクタス系とデコラティブ系の交雑により、中間の花型となるセミカクタス咲き(S.C)の品種。
セミカクタス

一番ダリアらしい花型で、小輪から中輪、大輪、巨大輪と、いろんな大きさの品種が揃っているフォーマル・デコラティブ咲き(F.D)の品種で、このサイズであれば大輪(24cm前後)でしょうか。
デコラティブ

丸まった花弁がぎっしり詰まって丸くなるのはポンポン咲き(P)ですが、この花は5cmよりやや大きいのでミニチュア・ボール咲き(Min.Ball)のようです。
ボール

玄関先にひっそり咲いていたのが、一重のシングル咲き(S)。花だけ見たらダリアだと思わないかもしれません。
シングル

そういえば、前日滝野公園でダリアを見ていて、面白い花が咲いていました。‘サックルベビードール’という品種で、花色が一株の中で咲き分けになったり混じったりと、不思議な取り合わせ。他にも似たような咲き方のものがあり、育種していけばこういう面白さがあるんだなぁと感心して見ていました。
ベビードール

夜温が下がってくるこれから半月あまりが、ダリアの花の一番きれいな時期になります。是非お楽しみ下さい。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM