8月です

  • 2020.08.02 Sunday
  • 05:56
ついこの間一年の半分が終わったと思ったら、あっという間に8月になってしまいました。道内はぎりぎり収まっていますが、大都市圏はコロナ感染者数が爆発的に増加し、重苦しい日々が続きます。いつまでこんな日々が続くのでしょうか…
夏至から40日あまりが過ぎたことから、朝晩がすっかり暗くなってしまいました。先日のクマ騒動で峠越えルートが走れなくなってしまったけれど、こんなに薄暗くなってしまうとますます気味が悪くなります。こちらの安全宣言もいつになったらやってくるのでしょう…

そんな8月のカレンダーは、パッと夏らしい構図に。植原さんのガーデニングの花カレンダーは、山梨県北杜市明野村のヒマワリから。「一時期はヒマワリの種を絞って、お土産でヒマワリ油を売っていた。買って試してみたが、オリーブオイルよりあっさりして美味しかった。今は売られていないのが残念」とあります。ただ見せるだけの観光ではなく、その作物がどのように生活や産業に役立っているのか、ちゃんと示してほしいですねぇ…

植原さん

藤川さんの花カレンダーもヒマワリのオールラインナップ。滝野公園でも、以前はいろんなヒマワリコレクションを植栽展示していたけれど、だんだん手間のかかる植栽ができなくなってしまい、‘サンフィニティ’や‘サン・ビリーバブル’のようなタイプに変わってしまいました。なのでこれを見ていると、ちょっとしんみりしてしまいます。現在藤川さんは、来年のカレンダーを日々制作中とのことなので、来年の夏はどんな絵になっているのか楽しみですねぇ。

花カレンダー

野菜カレンダーは、夏野菜の主役であるトマトで埋め尽くされています。「トマトの海でおぼれそう」とあるように、一体何種類入っているのでしょうか。これを見ていると、やっぱりトマトイベントを思い出してしまいましねぇ…(>_<)

野菜カレンダー

梅俊カレンダーの7・8月はトウヤクリンドウ(Gentiana algida)。「クモイリンドウと呼んでいた花なんだけど、「分ける必要ナシ」なんだって。でもクモイと呼びたいね。」とあります。
Wikipedia によると、大雪山に自生しているものは、草姿はやや小型ながら花はより大きいことから、エゾトウヤクリンドウ(別名クモイリンドウ)(G. a. f. igarashii )とされています。なので、クモイリンドウと呼んでもいいのかな。
梅俊カレンダー
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM