前期最後の圃場整備

  • 2020.07.26 Sunday
  • 05:35
例年だと7月最後の作業日は、前期最後の学生実習日であり、私たちのボランティア作業もちょうど折り返しになるので、恒例のジンギスカンをやっていただいているのですが、さすがに今年は自粛に…(>_<) 今年は人数が多いので、約半分ずつが参加しての作業となりました。今回は初めて参加の3年生主体なので、前回同様タンポポ抜きから。みなさん本州出身なので、西洋芝と日本芝の違いから説明しておきました。
タンポポ抜き

初めはなかなか苦戦していましたが、ちょっとコツを掴むとするすると面白いように抜けていきます。でもやはりうまいヘタはあるようで、芝生に大穴を開けている子もいましたが…(^^;)
セイヨウタンポポ

OBの二人には、引き続き宿根ボーダー内の除草をお願いしました。今年は4〜6月に作業ができなかったので、草ボーボーのエリアがかなりできてしまいました。いつもテキパキと片付けてくれるので、とても助かります。
除草

昨日は男の子が二人いたので、芝刈り隊長と共に高木の枝払いをやってもらいました。枝がどんどん伸びて垂れ下がり、周りの低木や花壇を被圧するので、定期的な枝払いは欠かせません。今年はハンディなチェンソーを買ってもらったので、枝の処理が格段に楽になりました。
枝払い

小屋の横のハシドイも、頭が引っかかるほど枝が垂れていたのを、きれいさっぱり落としてもらったら、風通しもよくなり、気持ちのいい樹形になりました。
剪定前 剪定後

3年生には、引き続き球根のクリーニングを。前回あちこちから掘り上げてもらったコルチカムやスイセンの球根を、分球できるものは分けてもらったり、枯れた根をきれいにしていきました。一回りして戻って見ると、4人が固まっておしゃべりしながら作業しているので、あわててソーシャルディスタンスを確保できるよう引き離しました。いやはやこんなことまで気を使わなければならないなんて…
クリーニング

人数が多いので、7月に入って2回の学生実習でも、かなりの作業を進めることができました。雑草もきれいに抜き取られ、肥料が行き渡ったローンは最高の状態になっています。8月9月はOBだけの作業になるので、少しペースを落としてこつこつと進めることにしましょうか。
完了

実は先ほど、盤渓峠の手前でクマに出会ってしまいました。50mくらい先をのそのそと道路を横断しているのです。あと10秒ずれていたら、鉢合わせになっていたかも…(^^;) とはいえ全く恐怖感はなく、繁みに入るのを見送りましたが、さすがにUターンして戻って来ました。明日から困ったなぁ…(>_<)
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM