久しぶりの作業

  • 2020.07.22 Wednesday
  • 05:43
滝野公園では、フラワーガイドボランティアの中から希望する方により、月に1回作業ボランティアを続けてきました。メコノプシスを初め、ていねいな作業が必要なものを中心に、レベルの高い管理を行っているのです。今年はコロナ禍とクマのおかげで閉園が続き、6月の初めに1度作業ができただけで、ようやく2度目の作業を行うことになりました。

昨日は午後から雨の予報なので、作業までの間に園内の確認作業をある程度済ませておく必要があり、早出して園内へ。東口の広場に置かれているピアノは、今年は音は出ないけれど、土がたっぷり入っているため、花の育ちがものすごくいい感じになっています。
ウェルカム

あちこちのラベンダーがニュースになっていますが、滝野公園のラベンダーもほぼ満開に。ヒドコートもどきの不明品種も花が開くと見事でした。ラベンダーの向こうに少し色の薄い花が咲いているのがネペタの ‘ウォーカーズ・ロゥ’で、言われなければラベンダーと思ってしまうでしょう。
ヒドコート?

メインの畑では、 ‘バイオレットメモリー’の他に3品種あるはずですが、みんな見た目が同じになってしまいました。眺めるには問題はないのですが、こんな不思議なことがあるのでしょうか。きっちり等高線状に畝を作って植えたので、とてもきれいです。
バイオレットメモリー

ヤマボウシの花が終わりかけて、入れ替わるようにあちこちのノリウツギが満開になってきました。これも今年は見事な花着きです。ピンク色の品種も入れているのですが、なかなかこのように大きくなってくれません。
ノリウツギ

こもれびの庭では、ヤマアジサイのコレクションが見ごろになってきました。今年はいろんな準備が後手後手になってしまい、ラベルがちゃんと付いていないのでがちょっと残念ですが。
ヤマアジサイ

ボランティア作業は、私含めて9名もの参加がありました。春から除草や手入れをろくにやっていなかったので、あちこちがワヤになっておりましたが、これだけ人数がいればどんどんはかどります。見苦しくなったキョウガノコを切り戻し、あちこちの雑草も徹底的に抜き取っていきました。
ボランティア作業

大切なメコノプシスも、株間に草が生えると蒸れてしまうので、ツリフネソウやキツリフネなどもすべて抜き取りました。風通しをよくして、あと1ヶ月続く暑さをしのいでもらわなくては。
除草

午後からも残ったエリアの現地確認を続けました。子供の谷との間に植えられているアナベルがかなり咲いて来ており、来週くらいから見ごろになってくれそうです。
アナベルの丘

さすがに平日の来園者は少ないけれど、今年はご夫婦で来園し、散策したりベンチで眺めていたりと、ゆったり時間を使う方が多いように感じます。滝野公園の空間の使われ方としては、それが一番望ましいのかもしれません。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM