森のガーデンへ

  • 2020.07.11 Saturday
  • 05:59
滝野公園が、本日9時までにクマの痕跡が見つからなければ、そのまま開園できることになりました♪ なんと7月11日からが今年のスタートになるという厳しさですが、閉園までの期間、精一杯魅力を発揮できるようにしたいと思います。ぜひご覧になって下さい〜m(__)m

木曜から、旭川と上川に出掛けてきました。大雪森のガーデンには、今年は2回ほど行く予定。入れ口前の広場は、相変わらずカラーリーフのコントラストが見事です。足元のクラウンベッチも咲き始めているので、秋までわさわさと繁ってくれるでしょう。
カラーリーフ

開園まもない時間だったので、初めは静まりかえっておりましたが、平日の割りにはひっきりなしに来園者が訪れており、ちょっと安心しました。ただ、団体客が全くないのが痛いです。来年には回復してくれるのでしょうか。花壇ではまだアリウムの‘グローブマスター’が真っ盛り。札幌とは半月以上のズレがあるようです。
森の花園

花の泉では、ロニケラ・テルマニアーナが鮮やかなオレンジ色の花を咲かせており、みなさん盛んに写真を撮しておりました。枝がかなり老化してきているので、そろそろ更新しなければならないようです。
花の泉

一番気になっていたのがメコノプシス。ここも昨年補植できなかったので、秋に株分けしたものを植えています。ここはグランディスよりベトニキフォリアの方が元気がよく、開花しているものもほとんどがベトニキフォリアでした。うまく夏越しさせることができれば、来年はもっとたくさん開花できるでしょうが、やはり新しい苗を補植したいです。
メコノプシス

左半分のベトニキフォリアの花が、かなり赤く濁っていて、この株はほとんどピンク色になっています。これは土壌がアルカリに傾いていることが原因で、多分堆肥のせいでしょうか。ピートモスマルチだけでは足りないようなので、来年は工夫が必要のようです。
花の色

いろんな植物がもりもりと育って、すっかり落ち着いた雰囲気になっていました。迎賓館には派手さはいらないので、私的にはこれで十分だと思っています。
森のリビング

癒やしの谷の展望デッキでは、ご夫婦がのんびりとベンチに座っていました。この前の畑がよく見えるよう、冬の間に右手を遮っていたかなり大きな木を1本伐採してもらったのです。このため畑が森のすき間から、よ〜く見えるようになりました。こういう手直しは、誰にも気付かれないようにこっそりとやっているのです。
癒やしの谷

お昼には、カフェでいつものカレーを食べようとしたら、メニューがすっかり変わっていて、なんとビーガンカレーのみになっていました。なんでビーガンだけなの??ってなじみのスタッフに聞いたらも店長が替わってメニューが一新されたのだそう。しかも平皿に盛られているのを、使い捨ての木のスプーンで食べるので、食べるのもなかなか大変。ちょっとなぁ・・・(^^;)
ビーガンカレー
コメント
こんにちは。私も5日に行ってきました。今年2回目です。5月末の食事はあと1食残っていたカツカレーでした。美味しいカツでしたが今回のカレーはコーヒーがついていても1000円はちょっとなぁでした。券売機にもなって急に人間嫌いの雰囲気に^^;)。風潮といえばそうなのですが。今は花の泉はバラもグラウカだけでしたしちょっと端境期の感じでしたがゆっくり歩く当方としては迎賓館の木漏れ日がなんとも心地よく数歩ごとに変わる場面を楽しみながらゆっくり3時間滞在しました。峠越えで帰らねばならないので夕刻を楽しめないのが残念です。次は盆のころかな?当地では萩をほぼ見かけないので楽しみですが少し早いかもですね。それではまた。
  • algon
  • 2020/07/11 1:57 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM