湿地での作業

  • 2020.07.05 Sunday
  • 05:56
昨日はもみじ台にある熊の沢公園での作業日。4月の大掃除だけは実施できたのですが、その後の観察会や作業は中止になってしまいました。もう草丈が大きくなってしまったので、今からなにができるか悩ましいところですが、手探り状態で進めるしかありません。
木道

抜き取りや刈り取りをする植物の見本を作っておき、見分け方などを確認していただくことにしました。左からガマ、クサヨシ、オオアワダチソウ、アシ(ヨシ)、キショウブです。
抜き取り対象

熊の沢公園の自然に親しむ会のメンバーは、高齢化が進んでいるため、片手くらいかな?と言っていた通りでしたが、区域の小学校の校長先生が、とっても興味があると参加してくれました。
初めの挨拶

作業内容を説明していると、近くの保育園の子供たちがにぎやかにやって来て、おじさんたちなにやっているんですかぁ?と挨拶してくれました。
子供たち

所によってはズブズブとひざ上くらいまでめり込むことがあるので、湿地内の作業はウェーダーが欠かせません。土木センターにも二つあったので、4人で湿地内を、残りの4人は外周部の抜き取りや刈り取りをやっていただきました。
抜き取り

ガマはスポンと抜けるので簡単ですが、アシやクサヨシはなかなか抜くことができません。繰り返し抜き取りや刈り取りを進めて衰退するまで、根比べが続くのです。
刈り取り

キショウブの根っこは泥がたくさん付いているため、集めると重たいこと。ブルーシートに載せて表まで運ぶと、軽トラ1台分ほどの量になりました。平均年齢70数歳の割りには、よくがんばったと思います。
成果

片付けて帰ろうとしたら、木道でちっちゃな姉妹?が何かやってるのでそっと覗いてみると、ここからオタマジャクシを取って家で飼っていたら、足が生えてきたので返しに来たの〜とのこと。ちゃんと責任を果たそうとしているのを見て、心がほっこりしました。
カエル
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM