いよいよ6月です

  • 2020.06.01 Monday
  • 05:44
早くも6月になりました。4時に起きると、もう朝日が眩しくて・・・21日にはもう夏至で、それからは日が短くなっていきます。新型コロナ禍で開園が遅れていたイコロの森もようやくオープン、大雪森のガーデンも先日から部分開園していましたが、今日から全面開園です。とはいえ浮かれて出歩くなと、まだまだ制約がありますからねぇ…

せめて目の保養に、藤川さんの花カレンダーを。6月のガーデンはまさに旬。遠くのガーデンまではまだ行けないかも知りませんが、管内で行くことのできるガーデンには、できるだけ行って応援してあげて下さい。
花カレンダー

野菜カレンダには、「野菜も植物だから、花が咲きます。花も実もある人生」との言葉が。確かに野菜の花という写真集も出るほど、意外と花が知られていないものが多いかもしれません。ウリ類のような雌雄異花のものもあれば、アスパラやホウレンソウのように雌雄異株のものなど、花の付き方咲き方も多彩です。
野菜カレンダー

植原さんのガーデニングの花カレンダーは、『多肉植物のガーデン』とあります。「日比谷公園で毎年10月に行われるガーデニングショーの一作品。(Lier Succulent蝓鵬屬郎蕕い討い覆ても、葉や茎の色と質感でここまで表現できる。モデルガーデンではあるが、海辺のコテージのようで、6月に入れてみた」との注釈が付いていました。ここ数年の多肉の流行はめざましいものがあります。
ガーデニングの花

梅沢さんのカレンダーは、礼文島の崖に自生するレブンソウ。「崖の上に見事な個体を見つけてよじ登っていったら、アカタテハがやって来て「私も撮って」だって」との注釈が。レブンソウは礼文島の固有種。現地では希少だけど、タネから増殖された物が出回っています。根が落ち着くと花が途切れなく咲いてきて、長〜く楽しめる山草です。
梅俊カレンダー
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM