アルテ○○の学校

  • 2020.05.21 Thursday
  • 05:48
来月にはアルテピアッツァでイベントが予定されており、その下見と打ち合わせを兼ねて美唄に行って来ました。「アルテ○○の学校」として、いろんな分野の方がゲストとしてやって来ており、今回が19回目。初めて植物を取りあげたいとの依頼があったのです。園内の樹木や草花を見ながらの解説になるので、まずは下見が必要と伺った次第。(このチラシのイラストは、なんと藤川画伯でした♪)
チラシ

石狩管内以外はかなり緩和されているのですが、ここは規模が大きく、道の休業要請の対象となっているため、美唄市民に限り、屋外の作品鑑賞のみ開館している状態でした。とっても気持ちのいい季節なのに、ちょっともったいないですねぇ…(>_<)
アルテピアッツァ

案内する経路の確認と、経路に沿ってどんな植物があるのかを記録。当日は担当スタッフしか付いて歩けないので、休館をいいことにスタッフ全員を対象に、予行演習を兼ねて植物の解説をしていきました。収束しない場合には参加ができなくなる可能性もあるので、ライブ配信のテストをして、市内や東京からその雰囲気を確認してもらったら、安田侃さんも東京で見ていたと後で聞かされ、ヒヤッ。
下見研修

植物管理のスタッフもいるので、手入れの仕方までおまけの解説をしていったので、意外と時間がかかりましたが、予想以上にいろんな植物が出現したので、当日はやりやすそうです。スモモの木の下には高級食材のモリーユ(アミガサタケ)まで生えていて、盛り上がってしまいました。
モリーユ

山菜になる植物も意外と多く、どうりで袋を下げたおばさんをよく見かけるはずだとか…(笑)
私の好物であるエゾイラクサの大群生まであり、内心興奮してしまいました…(^^;)
エゾイラクサ

園内をきれいに一回りして、広場に戻ってちょうど予定の2時間。過去に植栽された樹木の経緯なども伺うことができたので、当日までにさらに作戦を練っておこうと思います。来月までにはコロナ禍も収束していることを願いたいです。
ブナ

今回は募集定員が10名と少なく、あふれた場合にはライブ配信での参加となるかもしれません。興味のある方は、お早めに申し込み下さい。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM