滝野公園で作業

  • 2020.05.13 Wednesday
  • 05:56
昨日は滝野公園。臨時閉園中のため、誰もいない東口広場では、パンジー・ビオラコレクションが寂しげに咲いておりました。動物園の動物たちも見てくれる人がいないと変調をきたしているように、花だって誰も声をかけてくれないと、なんだかいじけているように感じます
パンジー・ビオラコレクション

昨日もガイド代表のNさんに手伝っていただき、峠の庭の手入れをやっていただきました。毎日でもいいから作業したいくらいだとおっしゃっている通り、業者に任せてもただ雑草取りくらいしかできないので、この際専門的な手入れをできるだけやっていこうと思います。
峠の庭

私は園内の確認を。気になっていたメコノプシスの様子を見に行くと、昨年株分けした株はほとんど活着しているけれど、花が上がりそうな株は残念ながらかなり少なくなりそう。もう一年すると株がしっかりして花が上がってくるのですが、株分け翌年はどうしても休んでしまいます。今年はそんなにお客さんも来そうにないので、株の養生に専念するしかなさそうです。
メコノプシス

隣の山草類を確認していくと、むむっと唸ってしまいました。根曲竹で養生していたものの、端の方はかなりシカの食害を受けていました。アメリカ産の八重咲のエンレイソウは、3株のうち2株がほとんど食べられているし、辺りは踏み跡だらけ。シカ対策をきちんとしてもらわないと、とんでもないことになりそうです。
シカの食害

収穫の谷では、四阿の横が2年前の台風による倒木で空いていたので、花人の隠れ家にあったネムノキを移植してもらいました。10年くらい前にお客さんが植えてほしいと持ってきた株ですが、ようやく2mくらいに成長したのです。その前には、カントリーガーデンになかったバイカウツギを、渓流ゾーンから持ってきて植えてもらいました。香り高い花が咲くのが楽しみです。
収穫の谷

冬の少雪で傷んでしまったラベンダーは、若い株はなんとか大丈夫のようですが、大株になっている古い株の傷みが激しく、かなりの廃棄が出そうです。来月には目途がつきそうですが、ラベンダーのお守りは頭が痛いです。
ラベンダー

シカに荒らされていたパレット花壇は、パンジーが植えられてチューリップの傷みが少し軽減されていました。今は電牧で守られているので、順調にいけば月末には見ごろになりそうです。
パレット

花のまきばのチューリップも、このところの寒さでつぼみの伸びも抑えられ、このままじっと我慢してほしいものです。臨時閉園がいつ解除されるのか全く見通しがありませんが、6月1日から解除されれば、まだ十分楽しめそうです。さてどうなることやら…
チューリップ
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM