円山の花見

  • 2020.05.04 Monday
  • 05:48
昨日の朝、自宅のサクラはまだ咲いていなかったけれど、すぐ下の町内まで桜前線が登ってきてました。事務所あたりは既に散り始めていたので、気になっていた円山公園の様子を見に行き、まずは神宮の参道から。かつては正面のエプイ(神社山)がくっきり見えていたのに、両側のサクラの枝が伸びてきて、あまり見えなくなってきました。
参道

かつての標本木は、だれにも顧みられないで、さみしく咲いていました。その当時は何社ものテレビカメラに囲まれて、葉ややかだった時代もあったのにねぇ…(^^;)
旧標本木

ここも花見禁止で、園路を歩くだけですが、7時台にもかかわらず結構な人出がありました。でもサクラよりも梅林の方が人気があるようで、紅梅と白梅が混じっているし、花が間近に見られるのがいいのでしょうか。
梅林

それにしてもこの梅林、しっかりとした剪定がされて、とてもよくなりました。5年前にここに来てびっくり。徒長枝はほったらかしでボウボウに伸びており、台木のスモモがほったらかしになって(左側)ワヤクチャになってました。せっかくの梅林が台無しになっては大変なので、ある人を通じて神宮に申し入れをしたところ、ようやくちゃんとした管理がされるようになったのです。なんでもド素人が、ここの管理を牛耳っていたのだとか…
5年前

ここの梅林は紅梅の比率が高く、その分華やかさが増しているように感じます。ウメはなかなか散らないので、まだまだ楽しめそうでしたが。(なんてそそのかすようなことを書くと、不謹慎だと叱られそう…)最近平岡公園には全然行ってないので、世の中が落ち着いたらまた見に行こうかな。
紅梅

なんか変な樹形のウメがあると思ったら、近寄って見てびっくり。台木のスモモをウメと勘違いして後生大事に育て、ウメのような樹形に仕立てているのでした。よく見るとこんなスモモが何本もあり、よくも苦労してここまで仕立てたものだと感心しました。
スモモ

円山公園の方は、サクラの生えている園地はすべてセフティコーンで囲まれており、ただ園路を歩くだけに。でも青空に満開のサクラが映えて、とても気持ちのいい風景が楽しめました。
円山公園

なにせ花見の時期には、立錐の余地もなくブルーシートが敷き詰められ、バーベキューやジンギスカンの匂いが充満し、紫煙たなびく中では、サクラを楽しむ人なんかどこにもいないのです。コロナが収まったら、またこんな風景に戻ってしまうのでしょうかねぇ…(>_<)
花見風景
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM