雨の中の作業

  • 2020.04.28 Tuesday
  • 05:51
相変わらず気温が低く、不安定な天気が続きます。昨日はまず星置緑地へ。既にミズバショウの花はほとんど終わっており、見に来た人からこれから咲くの?なんて聞かれてしまいました。
星置緑地

ミズバショウの生育調査まで手が回らないので、いつものH氏に頼んでおり、進み具合を確認しておきました。時折雨が降るので難航してましたが、なんとか目途が立ちそうなのでなにより。風が舞って飛ばされてくるのか、緑地内にあんまりゴミが目立つものだから、湿地内のゴミを拾っていると、珍しく3枚の花被片を持ったコジマエンレイソウがありました。
コジマエンレイソウ

一番水が深いところに空き缶が浮いているので拾いにいったら、ヤチダモの根元にカモの巣が。近寄ったから逃げたしたのかもしれないので、あわてて引き上げましたが、ここはカラスが多いせいか、ヒナが育ったのを見たことがありません。無事に育ちますように。
カモの卵

富丘西公園に移動していると、予報通り大粒の雨がバラバラ降り始めてしまいました。本来は29日に実施予定の住民参加による作業が中止になってしまったので、手稲区の担当と維持業者により作業をすることに。
富丘西公園

スズランの保全区域には、環境が改善されるにつれて牧草の一種であるカモガヤが増えてしまい、初夏には花粉が一面に舞ってひどいことになってしまいました。カモガヤは低茎のスズランとは完全に競合するため、スズランの芽が伸びていないこの時期に抜き取りを進めてきたのです。
カモガヤ

結構な雨降りになってしまいましたが、みなさん黙々とカモガヤを抜いてくれたので、かなりの成果がありました。もう10年続けているので、保全区域からはほぼ根絶できるところまできたようです。
抜き取り

集めてみると結構な量になりました。カモガヤやオオアワダチソウなどの外来種の駆除はほぼ目途が立ってきているので、あとはススキやオオヨモギなどの高茎草本などの対策に力を入れなければならないようです。
草の山
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM