苦渋の決断

  • 2020.04.24 Friday
  • 05:47
新型コロナウイルスを抑え込むためには、これからゴールデンウィークにかけての人の移動を、どれだけ抑制するかにかかっています。結果が分かるのはさらに2週間後にずれるため、今の感染者数の推移を見ていると、とても7日から緩和される雰囲気はありません。でもここは踏んばりどころなので、道内のガーデンもすべて臨時閉園になっていることと思います。
十勝ヒルズ

有料施設であれば、入り口を閉めてしまえば中に入れなくなるので、人の動きがシャットアウトできますが、公共の公園などでは対応に苦慮しているところが多いようです。さいたま市の与野公園では、開き始めたバラのつぼみをすべて剪定してしまったそう。(東京新聞WEBニュースより)

与野のバラ

千葉県の佐倉市でも、咲いてきたチューリップを目当てにたくさんの人がやって来たことから、80万本ものチューリップをトラクターで刈り取ってしまいました。
佐倉のチューリップ

チューリップの球根生産においては、花が確認できた段階で花首をカットし、球根の肥大を図ります。ここの球根は、あとで掘り上げて市内各所に配付するそうなので、今年は出来のいい球根になることでしょう。

刈り取り後

なんともかわいそうなのが弘前市の「弘前さくらまつり」でしょう。ちょうど今ころ桜前線が到達し、見ごろになっているはずです。しかも今年が100回目の節目の年だったのに、櫻田市長の苦渋の決断でまつりは中止になってしまいました。既に夏のねぷた祭りも中止になっているので、経済的な打撃はかなりのものでしょう。

弘前桜祭り

当初は宴会禁止だけど、花を楽しむことはできるものだったようですが、集客力が極めて大きいことから、城門を固く閉ざして、一歩も入れなくしてしまいました。さらには報道機関だけでなく、一般市民にもSNSでの桜情報の拡散を自粛するようお願いする徹底ぶり。そういえば、どこからも花の情報が流れてこなくなっているのは、そのような背景があったのでしょう。
広報中止

企業活動が大きく抑制されるゴールデンウィークに抑え込まなければ、いつまでも活動規制が継続されてしまい、ますますダメージが深刻化します。ここが踏んばりどころなので、諸活動の自粛に協力しましょう。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM