残念ながら・・・

  • 2020.04.17 Friday
  • 05:50
あれほど出し渋っていた「緊急事態宣言」が、とうとう全国に拡大され、外出の自粛や移動の最小化が求められます。これでアベノミクスの残渣がきれいに吹き飛び、残るはアベノマスクだけになるでしょう。これで収束に向かわなければ長期戦を覚悟しなければならず、不況どころの騒ぎでは収まらなくなってしまいそうです。オリンピックなんかやってる場合じゃなかろうに。

昨日の朝も風が冷たく、円山の辺りだけ雪になり損ねたような雨が降りました。白石駅花壇管理の初日ですが、始まるまでに南口のバラの剪定を済ませようと、早くに到着。するとライラックの芽がほころび、つぼみが見え始めていました。今まで一度だけGWに満開になったことがあったけれど、この調子では咲くかもしれません。
ライラック

南口の花壇は、土壌が悪くて生育が著しく遅れ、毎年テンポロンという土壌改良材を入れてきたので、ようやく生育が回復してきました。こちらのバラはツルがほとんど伸びず、ほとんど剪定しないまま来ていたのですが、ここ数年は枝数も増えてきたので、ワヤになってきてました。
ひどいバラ

こちら側に植えられているつるバラのうち、‘ポルカ’4株を剪定し、誘引し直しておきました。来年は残りの‘カクテル’をやらなければなりません。
すっきり

時間になったので集合場所のまちづくりハウスにいくと、入り口に貼り紙が。なんと5月29日で閉鎖するとのこと。びっくりして聞いてみると、収益の柱だったイベントがほとんど開けず、これまでも結構ぎりぎりでやって来たのに、最後のとどめになって家賃が払えなくなってしまったそう。
お知らせ

障害者雇用など、先進的な取り組みを17年にわたって続けてきたのに、その拠点を失うことは大変な痛手になってしまいます。私がここと関わり始めたのは、白石駅の整備が始まる前の2005年ですから、もう15年ものつきあいになります。ここの二階の会議室でどんな花壇を作りたいのか、夜遅くまで議論したことなどが懐かしく思い出されます。うーーん残念。
ハウス

いつものメンバーが集まり、初回なので落ち葉やゴミの掃除がメインに作業を進めてもらいました。山のようなバラの枝は、革手袋を持っていないので任せるわけにはいかず、すべて私が細かい束に縛っていきました。春先が寂しいので、昨秋チューリップなどの球根を植えたので、今年は春からいろんな花が楽しめますよ〜。
作業

次回私が参加するのは、ハウスの閉鎖の前日。最後のお別れになりそうです。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM