余市で援農

  • 2020.04.13 Monday
  • 05:58
札幌市内での感染が収まらないことから、昨日とうとう「北海道・札幌市緊急共同宣言」が出されました。なかなか終息の気配が見えないので、息を潜める生活が当分続きそうです。

昨日は余市へ娘の農園に手伝いに。乳飲み子を抱えているため、なかなか外仕事が出来ないことから、かみさんは前日から泊まり込みで行ってました。いろんな荷物を積んで後志道を進んでいくと、朝里から小樽の山はまだ雪がかなり残っています。天狗山なんか、まだスキーができるのでは?と思うくらいの雪景色でした。
朝里の山

余市の農園に着くと、かつて納屋にしていた軟石造の倉庫を、ワイナリーに模様替えの真っ最中。大工仕事はすべて娘のパートナーがやっています。昨年は物置一棟建てているので、かなり慣れてきているようです。
ワイナリー

若草が伸びて来ているため、ヤギもムシャムシャ美味しい牧草を食べ、のんびり日向ぼっこをしていました。
しるこ

仕事は電牧張り。シカの侵入が激しく、まもなく伸び始めるブドウを食べられると大変なので、一刻を争う作業でした。400m巻きの電線のリールを3本同時に引っ張らなくてはいけないので、うまく肩から下げるように工夫し、絡まないように伸ばしていきました。それを追っかけて、ポールに引っかけていくのです。電線さばきがうまくいったので、昼までに片付きました。
電牧張り

あちこちにオオイヌノフグリの大きな株が生えていて、ブルーの花が満開に。しみじみ見ると本当にかわいい花なのに、なんて名前を付けたんだろうねぇ…
オオイヌノフグリ

倉庫脇の法面には、キクザキイチゲがたくさん生えています。敷地の中にはわずかながらカタクリも咲くそうです。今年のGWはどうせどこにも行けないので、援農がてら敷地内をしっかり見て歩くことにしようかな。
キクザキイチゲ
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM