滝野の雪解け

  • 2020.04.09 Thursday
  • 05:56
月曜の午後に高齢の母が体調を崩し、肝機能に障害があるというので、火曜の朝に近くの病院へ入院させました。ところが午後遅くに肝臓より心臓が心配なので転院させるとの連絡が。それで落ち着いたかと思ったら、昨日の午前中にやっぱり肝臓が心配なのでまた転院させると連絡がありました。二日で3回も入退院を繰り返し、こちらも振り回されて市内を走り回りましたが、そのたびに検査検査でいじくり回される母が不憫で、先生には思い切り毒づいてやりました。このまま落ち着いて養生ができ、元の生活に復帰できればよいのですが。

今年も滝野公園通いが始まりました。自衛隊前のところでガードをくぐり、桜山から駒岡に抜ける道を進んでいくと、さぁ今日も仕事だと気が引き締まります。
駒岡

昨日はまず、各業者さんとの打合せ。樹木関係は開園前に片付けてほしい仕事がたくさんあるので、現地で確認していきました。入り口あたりはもう雪は消えているけれど、こもれびの庭まで行くとまだ30〜50cmくらいの雪が残っています。それでも例年に比べれば圧倒的に少ないのですが。
こもれびの庭

花のテラス横を下りていくと、シクラメンコーナーの雪が融けていて、早くも春咲きのコウム種の花が咲き始めていました。シクラメンには針葉樹の生チップマルチがいいとのことで、半信半疑でやってみると、以前とは比べものにならないくらい元気になりました。
コウム

パレット花壇も雪解けが進んで土が見えてきましたが、なにやら踏み跡だらけになっています。よく見ると蹄の跡が生々しく残っており、もうシカがやって来ているようです。
パレット

掘り跡をよく見ると、チューリップの新芽が伸びているところを確実に蹄で掘り返し、球根をむしゃむしゃ食べていったようです。さっそく鹿脅しの設置をお願いしましたが、一度味をしめると際限なくやって来そうです。
シカの食害

せせらぎに下りていくと、ハヤザキマンサクの花がもう終わり始めていました。これでは来園者に楽しんでいただけないので、このセレクトは失敗だったといえるでしょう。
マンサク

病院から呼び出しがきたので戻る途中に、気になっていたラベンダーを見てきました。積雪がうんと遅れてしまったので、かなりやられているかと思ったら、思ったほど傷んでないように見えました。ちゃんと吸水し葉が落ちないで緑が戻るのか、もう少し経たないと分かりませんが、なんとかもってほしいです。
ラベンダー

今朝はまたみぞれで真っ白に。路面はまだら模様だったので、雨天練習場である小別沢トンネルまで行って走れましたが、今日は星置緑地の作業日。すぐに融けてくれるかなぁ。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM