星置緑地

  • 2020.04.04 Saturday
  • 05:51
昨日は手稲区との打合せの前に、星置緑地を見てきました。例年4月の初めに下見に行くのですが、3年前は雪の山で中に入れなかったくらいだったのに、この2年は一転して雪がほとんど消えていました。今年も同様に雪がなく、ミズバショウが咲いているかと思ったけれど、意外とまだつぼみのままでした。毎年カモが営巣するけれど、必ずカラスにやられて子どもが育ったのを見たことがありません。
カモの番

西側の方で、ゴンゴンと重低音が響いてくるので、クマゲラかっ!と、そろそろ進んでいきました。そうしたら、枯れたヤチダモの幹をアカゲラがつついていました。枯れてうろにでもなっていたのでしょう。びっくりしたなぁ。
アカゲラ

西側のササの中にあるミズバショウは、完全に咲いていました。水に漬かっていないので、地温が高いのでしょうか。
ミズバショウ

この辺りに多いエゾノリュウキンカも、ようやく眠りから覚めた程度。でも来週から最低気温があまり下がらなくなるので、メキメキと大きくなって来そうです。
エゾノリュウキンカ

歩専道近くに群生しているキクザキイチゲが、暖かい日差しを浴びて花が開き始めてきました。白花は平開するけれど、紫花はこのくらいしか開かないのはなぜなの?
キクザキイチゲ

歩専道入り口にあるツノハシバミも、今が満開。右側の真っ赤な雌しべが開いているのが雌花で、左に長く尾状花序を垂らしているのが雄花です。いまいちたくさん実が生らないけれど、とっくり型の実がなるのを毎年楽しみにしています。
ツノハシバミ

星置駅寄りの角の部分にあるハンノキの足元は、昨年秋にがんばってササ刈りをしたところ。一度も手がかかっていないところは、ササ刈りもかなり大変でしたが、きれいさっぱりなくなっています。
ササ刈り跡

どうなったかな?と回って行くと、なんとハンノキの足元にキクザキイチゲが満開になっていました。えっ!こんなに群生していたのかとびっくりです。厚いササに隠れて全く見えなかったのです。これはみなさんも喜んでくれるだろうと、嬉しくなってしまいました。
満開のイチゲ

それから土木センターに行って打合せ。覚悟はしていたけれど、毎年3公園でやっている春の自然観察会はすべて中止になってしまいました。作業は通常通り実施できるのでホッとしましたが、本当にコロナに振り回される一年となりましたねぇ… 花はちゃんと咲いて来ますので、ぜひご覧になって下さい〜
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM