春はマンサクから

  • 2020.03.31 Tuesday
  • 05:49
昨日の昼休み、冬の間事務所の風呂場に保管していた折りたたみ自転車を取り出して、油を差し空気を入れて走れるようになりました。空気はひんやりしているけれど、やっぱり気持ちがいいです。せっかくなので、気になっていたマンサクの花を見に行くと、青空を背景に満開になっていました。
マンサク

宮の森の住宅地にあるこの木を見つけたのが、今から8年前の2012年。その時の画像を見ると、まだ木の大きさがかなり小さいことが分かります。この年は寒かったのか、4月14日でもまだ満開になっていないような。
8年前

画像を見ると、毎年ではないけれど、春を求めて見に行っていることが分かります。早い年では3月中旬から、遅い年は4月中旬と、1ヶ月も幅があるみたいです。秋田の酒である「まんさくの花」は一番好きな日本酒なので、年中飲んでますが、この時期マンサクの花を見るとやっぱり嬉しいもの。
開花

日本産のマンサクはこんな高木形状にはならず、あくまで株立の低木なので、これは園芸品種の‘アーノルドプロミス’(Hamamelis x intermedia 'Arnold Promise')だと思います。いまだここでしか見かけないけれど、きっとどこかに植えられていることでしょう。公園やガーデンでは、あんまり開花が早過ぎるので、だれにも花を見ていただけないのが問題ですが。
アーノルドプロミス

足元にはクロッカスの花も。雪が融けて日差しがあれば、たとえ気温は低くても花は咲いてくるのですね。
クロッカス

帰ろうとしてふと見上げたのが、隣のマンションにあるイタヤカエデの大木に、大きなヤドリギがくっついていました。この時期にはちょっとした緑でも眼に入るものです。
ヤドリギ

日の当たる側の歩道をそろそろと帰って行くと、陽だまりにはあちこちでクロッカスが咲いていました。世の中陰々滅々としているけれど、植物の世界はきちんと春に向かって準備を進めているようで、うれしくなりました♪
クロッカス
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM