雪割り

  • 2020.03.23 Monday
  • 05:44
お彼岸を過ぎ、朝晩がずいぶんと明るくなりました。札幌の日の出は22日で5時36分。我が家は山の陰になるので、40分過ぎに見えてきます。現在は神社山の右端くらいまで来ていますが、これからどんどん左に寄っていき、夏至の頃には完全に山より北側から出てくるようになります。
日の出

車道の雪は完全に消えているけれど、歩道部は数日前から雪割りしたので、土曜日までになんとかなくなりました。例年は10cmくらいの厚い氷になっているけれど、今年は本当に楽でした。でも庭の中にはまだまだ雪が。
道路

裏に置いているコンポストを早く使いたいので、建物に沿って雪割りをやっておきました。北側はまだまだ凍り付いているので、まずは南側から。30〜50cmくらいなので、来週までには通れるようになるでしょう。
雪割り

コンポストのすぐ前にあるオオカメノキには、今年もたくさんのつぼみが。この木の冬芽はオニグルミやハクウンボクなどと共に裸芽(らが)なので、葉っぱがそのままむき出しになり、真ん中のつぼみを挟んでいます。なんとも愛らしい姿を見ると、春が来たなぁと実感が湧いてきます。
オオカメノキ

シデコブシのつぼみは毛皮のコートを着ているけれど、きっと早く脱ぎたいとうずうずしていることでしょう。今年はつぼみの数がうんと少ないのが気になりますが。
シデコブシ

北側は厚く凍り付いているので、通るのも厳しいだろうと覗いてみたら、雪の中に緑色がポツンと見えました。5cmくらいの氷を溶かしながら、春咲きスノーフレークのつぼみが伸びてきているのです。我が家では一番早く花が咲くので、この分なら3月中に花を見ることができそうです。
春咲きスノーフレーク
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM