年賀状の始末

  • 2020.03.07 Saturday
  • 05:46
正月明けから悩んでいたことがあります。毎年の年賀状がどんどん溜まってしまい、事務所を開設以来17年分の年賀状が、小さめの段ボール箱三つになってしまったのです。自宅に届く分もすべてこちらに持って来ているため、一年500枚として17年分で8,500枚にも…(>_<)
年賀状の山

個人情報満載のため、資源回収に出す訳にもいかず、とりあえず確実な方法として、シュレッダー処理するとどのくらいかかるかやってみました。この機械は普通紙5枚まで可能なので、年賀葉書なら二枚は可能そうだけれど、かなり苦しい音が出るので一枚ずつ入れてみました。
シュレッダー

ずっと入れっぱなしだと加熱するのかストップしてしまうので、休み休み入れて一年分をやるのに約40分。70リットルのゴミ袋約半分くらいになりました。これをあと16回やるのはちょっとしんどいなぁ…
0.5袋

大手の運送会社でもやっているので調べて見ると、段ボール1個で約2千円。これならいいかとよく調べてみると、段ボールは10個単位で販売しているので、とても割には合いませんでした。

クロネコ

市内でどこかやっていないかあれこれ調べてみると、あるものですねぇ。中央区のある会社では、引き取りも持ち込みも可能で格安の料金で処理してくれそう。機密文書と言っても機密レベルは低いので、これで十分そうです。経理関係の書類も7年以上経ったものはどんどん処分していかないと貯まる一方なので、併せて処分してしまえそうです。

古山商店

今月はほとんどの予定がキャンセルになり、時間的に少し余裕が生まれているので、あれこれ片付けるいいチャンスになりそうです。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM