久しぶりの滝野公園

  • 2020.03.05 Thursday
  • 05:44
昨日は滝野公園で打合せがあり、今年初めて滝野に向かいました。北区や手稲区に走った通り、車の数が全然少なくて、路面の雪も融けているため、やはり夏よりもスイスイ走れました。桜山の裏から駒岡に抜ける道も、水溜まりができていたけれど、朝晩はきっとツルツルになっているのでしょうね…
駒岡

時間より早く着いたので、長靴に履き替えて園内へ。滝野公園は、残念ながら3日から臨時閉園となってしまい、外で思い切り遊びたい子供たちを受け入れることができなくなってしまいました。しんと静まりかえった園内に入ると、曇っているのに気温はプラスで、全然寒くありません。今晩からかなりの雨降りだというので、雪解けも進みそうです。
カントリーハウス前

カントリーハウス横の芝生広場には、いつもならインバウンドの方たちで大賑わいしているはずのバレットフィールズが空っぽに。ここは初心者用の練習スロープです。もし16日から再開園できたとしても、もうほとんど利用者は望めないでしょうね…(>_<)
パレットフィールド

ずっと気になっていたのがメコノプシスのこと。昨年は苗が全滅して入荷せず、今残っている株を株分けして植え直しましたが、記録的な少雪のため雪が被らず、どうなっているのか心配でした。花人の隠れ家から登ろうとしたら、スノーシューで歩いた跡があり、なんとかぬからないで歩けそう。
花人の隠れ家

意外と雪が締まっていて、一度もズボッとぬからないでたどり着くことができました。案内標識の高さから、約40cmは積もっているようなので、地際は融けてなんとか生き延びてくれそうです。ヒマラヤ原産なので、このくらいの天気でへこたれないでね。
木もれ日の庭

昨年はたくさん花が咲いたオオウバユリの、タネを散らした花ガラが、たくさん雪の上に顔を出していました。このあたりだと積雪は30cmくらいか。今年の雪解けは早そうなので、月末から何度も様子を見に来なくては。
オオウバユリ花ガラ

収穫の谷から下へは圧雪車が入っていたので、ちょっと様子を覗きに。園路脇のマグノリア‘ワダズメモリー’のつぼみが少し膨らみ、一番外の芽鱗(がりん)を脱ぎ始めていました。暖かそうな毛皮のコートはもういらないのかな?
ワダズメモリー

林縁部では、クマイザサが雪の下に入り損ねたために、あえなく枯れてしまいました。道東のミヤコザサはこれが毎年のために、成長点を地下に隠していくら寒くても平気ですが、クマイザサは枝まで枯れてしまったかもしれません。とはいえ根は生きているので、いずれまた復活してくることでしょう。
クマイザサ

ラベンダーも雪を被らずに、1月まで寒風に晒されていたそうなので、かなりの傷みが予想されます。まさに泣きっ面に蜂の冬になりそうです…(>_<)
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM