緑花懇話会

  • 2020.02.16 Sunday
  • 05:58
昨日は30年来続けている研究会の冬期研修会。平成になって1週間目からのスタートなので、ずいぶんと長く続いたものだと感心してしまいます。スタートしてしばらくは、冬に3〜4回も研修会をやっていましたが、最近は冬の間に一度研修会をやることと、夏に現地研修をやっています。昨日は第76回目の研修会。まず最初に、樹木医のSさんから、昨年の乾燥害や樹木の皮焼けについて報告がありました。昨年の春から夏にかけての少雨傾向は記録的で、こういう年が頻繁に起きるようになると大変です。
真田さん

続いて技術士のSさんからは、一般向けに行っている植物解説の内容について説明がありました。断片的に知っている植物情報も、きちんと整理していけば、しっかりと知識となって身に付いてくるので、こういう取り組みは実はとても貴重なのです。
孫田さん

芝生のスペシャリストであるTさんからは、今年のオリンピックサッカー予選の際に、練習場として使われるフィールドの造成について報告がありました。家庭の芝生と違い、使用する機械も本格的だし、芝ロールも巨大な大きさのため、目を見張ってしまいました。
辻榮さん

そのあと私から、昨年見てきた名古屋や大阪で進められている公園の整備事情について報告したあと、90歳を越えた最長老のSさんから『遺言』がありました。この研究会を始めたきっかけを作ってくれた方であり、今の危機的な地球環境に対する熱い思いを語っていただきました。
澤さん

最後に私から、本当は昨年作るはずだった「30年記念誌」を作りたいので、原稿執筆に協力していただくようお願いしてお開きにしました。日々の記録と共に、節目も大切にしていきたいと思います。
20周年記念誌

そのあとはススキノに移動し、にぎやかに懇親会を。町に出るのは一年に一度になってしまったけれど、気心知れた仲間と飲むのは楽しいもの。久しぶりにのんびりお酒を楽しむことができました〜
懇親会
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM