上原敬二賞受賞祝

  • 2020.01.26 Sunday
  • 06:11
山本紀久さんは、愛植物設計という会社を作られ、植物系のコンサルというジャンルを作りだした方ですが、昨年5月の日本造園学会全国大会に於いて、上原敬二賞を受賞されました。昨年12月に東京で祝う会があり、招待をいただいたけれど仕事のピークで行くことができず、残念な思いをしておりました。そうしたら、こちらにいらっしゃる機会に合わせ、祝う会を企画してくれました。

上原敬二賞とは、日本造園学会が出している賞の中では最も格式の高いものです。私も3年前に頂いた学会賞は、「研究論文,著作,設計作品,技術,事業・マネジメントに関し,造園学の進歩,発展に顕著な貢献をした者」に与えられるものですが、上原敬二賞はさらに、「研究,教育その他広範な社会活動を通じて造園分野の進歩,発展ならびに普及啓発に顕著な貢献をした者」に与えられ、いかに長年にわたって社会に貢献してきたかが問われるものです。

学会賞

私が山本さんに出会ったのは、まだ植木屋時代の1984(S59)年のことでした。ちょうど滝野公園造成の基本計画を立てていた段階の時に、植栽や景観づくりの基礎調査を山本さんがやられていたけれど、積雪寒冷地での植物の扱い方の情報が不足しているので、当時開発局にいた先輩から、お前が少し手伝ってやれと紹介されたのでした。その時の報告書の表紙がこれで、ほとんどが土木屋さんの開発局の職員でも、ちゃんと理解できるよう、ていねいに公園のあり方が整理されています。

成果品2成果品1

山本さんのか仕事ぶりを見て、なるほどこういう仕事の仕方があるんだと、初めて自分の生き方に目標が生まれました。ちょうど結婚した時期でもあり、このまま植木屋に留まるつもりもなかったので、山本さんを頼って東京に出るか、札幌に残ってどこかのコンサルに入るか、ものすごく悩みましたが、結婚してすぐに子供ができたこともあり、後者の道を選ぶことになりました。昨日の会では、そんなことも踏まえて挨拶させていただきました。

挨拶

北海道の土地を愛されて頻繁に来ていただける幸運を、私たちはこれからも甘受させていただきたいと思います。山本さんは私の一回り上なので、今年80歳になられますが、いつまでも健康でご活躍なさることをお祈りいたします。

  山本さん
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM