壁紙

  • 2020.01.10 Friday
  • 05:51
私が使っているパソコンは、事務所のデスクトップがiMac、講習会等に持ち歩いているのが MacBook Air 、そして自宅に MacBook Pro の3台で、そのいずれの壁紙には、今まで集めた風景やガーデン、植物の画像を使っています。何枚になったのかと見てみると、300枚以上ありました。5分ごとに切り替わるようにしているので、1時間に12枚、事務所に約12時間居るので、全部切り替わるのに2日以上かかるほどの量です。たまたま新年ぽいのがあったので、こんなものを挙げておきます。
富士山

そのほとんどがカレンダーで、40年くらい前から集めていました。この中で多分一番古いのがこの写真で、当時はニコンの一眼レフを使っていたので、毎年カメラ屋からニコンのカレンダーをもらっていました。カリフォルニアポピーの自生地では、こんな風景なんだと感動したのをよく覚えています。
カリフォルニア

当時はパソコンなんてなかったので、とりあえずA3版のクリアファイルに溜め込んでいました。スキャンしてデータ化出来るようになったのは、ずっと後のことで、コピー機で大判のスキャンができるようになってからのことです。このメコノプシスの花壇もかなり古いもので、今でもデスクマットの下で、早くこんな風景作ってよと訴えています。
メコノプシス

順番的には、ビズのカレンダーがその次に来るはずで、これも何十枚とあります。カレンダーとは別にHPから壁紙のダウンロートもできました。今の画面は横長なので、ロゴが見えなくなってしまうため元の画像ですが、これも10数枚あります。
ビズの壁紙

これはノーザンホースパークのカレンダー。写真コンテストの優秀賞を集めて作られていたかと。何年くらい作っていたのでしょうねぇ。
ノーザン

植原さんの「ガーデニングの花」カレンダーも10年以上溜まっています。やはりプロ中のプロだけに、切り取るアングルが素晴らしいです。
植原さん

毎年送られている「ガーデニングのヒント」というカレンダーも100枚以上になりました。ほとんど外国のもののようですが、いろんな植物が登場してくるので、毎度しっかりチェックしています。
ガーデニングヒント

これはいつのカレンダーだったか、全く記憶がありませんが、満開の桜に包まれた松山城です。松山にいた18年では、もちろんこんな風景は見たこともなかったし、何年かに一度帰省する時に、桜が咲いていることはありませんでした。10年ほど前に帰った時に、たまたまその年の開花期が10日くらい遅れていて、ちょうど満開に当たったことがありました。こんな風景を見て、やっぱり松山城は一番じゃ!と改めて確信したことを思い出します。
松山城
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM