ちょっと一息

  • 2020.01.09 Thursday
  • 05:56
昨日夕方、またさらっと雪が積もりましたが、それっきり。今朝は気温がプラスになっているという暖かさで、連日降雪機で雪を作っていた大倉山シャンツェでも、今朝は真っ暗で静まりかえり、作業員さん達もぐっすり休めたことでしょう。

昨日午前中に、一件納品を済ませてきました。道路がほとんど乾いているので、夏と変わらなくすいすい走れます。その後ちょっと用足しに町中へ。町に行く時には車には乗らないで、いつもバスに乗っていくのですが、お客が乗り降りしないバス停でもじっと待つし、お客が乗っても発車するまでしばらくかかります。あんまりすいすい走れるものだから、バス停に早く着きすぎて、定刻まで待たなければならないのです。今は機械できっちり管理されているので、早発は絶対にご法度。バスを降りて道路を見ても、とても1月の路面には見えないです。
路面

せっかくなのでちらっと植物園を覗いてみましたが、前回とあんまり変わっておらず、目新しいものはありませんでした。でもランの部屋ではいろんな花が咲いていて、やはりなごんでしまいます。この時期はパフィオがたくさん咲き揃ってますが、地味な花なので玄人好みの花でしょうか。
パフィオ

その反対側では、パッと明るくカトレアの仲間が満開に。ラベルにはブラソレリアカトレア・マイカイ‘マユミ’(Bsn.(Bc.)Maikai‘Mayumi’)となっていました。この季節、やはりピンクには素直に反応してしまいます。
ブラソカトレア

なぜか食虫植物の部屋に置かれているデンドロビウムもいくつか咲いており、花の小さなキンギアナムの隣で、カシオペ ‘シギサン’という不思議な名前のデンドロが満開になっていました。
デンドロ

植物園を出て信号を待っていると、完成間近な道議会棟が全貌を現していました。あのガラス張りのところが議場になっているようです。このご時世に、まだタバコにこだわって顰蹙を買っている議員どもは、次の選挙の時にちゃんと名乗るべきでしょう。
道議会棟

HBCの向かいには病院がありましたが、移転したあとは更地のまま放置されています。雪の中からツンツンと何か伸びているので、ヨモギの枯れた茎かと思ったら、なんとポプラでした。どこからタネが飛んできたのかと思ったら、道庁の前庭に大きなポプラが立っているのです。このままあと2〜3年放置したら、背丈を超えるポプラの林になってしまいそう。たくましいものです。
ポプラ
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM