今年最後の打合せ

  • 2019.12.26 Thursday
  • 05:56
昨日は午後から打合せがあったので、朝早くから事務所に下りてぎりぎりまで粘り、なんとか報告書をまとめることが出来ました。旧5号からずっと道路は乾いていましたが、宮の沢あたりまで来ると、両脇は真っ白になってきます。すいすい走れるため早く着きすぎてしまうので、富丘西公園に寄り道を。入り口の案内看板がぼろぼろだったので造り替えることになり、表記でアドバイスしたものが完成してました。スズランの群生地は、「市内最大規模の群生地です」とありますが、「市内最大の群生地です」と言い切ってもよかったかなぁ。
案内看板

ふと近くの木を見ると、樹名板が木の股に食い込んでいました。この時期でないと気がつかないものです。右側のスプリングは幹に取り込まれてしまっており、板もメキメキと食われていてびくともしません。来春業者にとってもらわなくては。
樹名板

さすがに真っ白だけど、積もっているほどでもなく、木道の上を普通に歩いているようです。ずっと寒いから凍り付くこともなく、年の瀬とは思えない風景でした。
保全区域

よく見ると、最後の大掃除で刈り取りができなかった部分は、すぐに業者に刈り取ってもらうはずだったのに、そのまんま放置されていました。これでは来年困るので、雪が融けたらすぐに掃除してもらわなくては。
刈り残し

星置緑地に行くと、まだ行事案内が貼りっぱなし。秋口はバタバタしてしまうので、ついこんなところまで目が行き届かないのでしょうねぇ。
星置緑地

こちらの雪も10cm以下。海に近い分もう少し積もっているのかと思ったけれど。意外と降っていないのですね。雪雲はもう少し北寄りに吹き込んでいるようです。
雪模様

わずかな雪の中から、ミズバショウの芽が顔を覗かせていました。このくらいの寒さでは傷まないけれど、早く雪の布団を掛けてやりたいですねぇ。
ミズバショウ

無事に最後の打合せを済ませて、少し気が楽になって事務所に戻ってきました。このあたりには全く雪が消えているので、町中がひどくほこりっぽくなっています。今年初めて市内の積雪深を見てみると、北や東は10cm弱、その他の区は2〜3cm程度、南区だけが0cmになっていました。ここのすぐ近くにある管区気象台はやはり0cmで、ほこりが舞うまま正月になってしまうのかと思ったら、夜半からさらっと積もって、一応白い世界になりました。バラももちろん、余市のワインブドウも心配が続きます。早くどっさり積もってほしいです〜
積雪
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM