さとらんど

  • 2019.12.25 Wednesday
  • 05:50
昨日の記事に出てきた宗谷ふれあい公園の植栽計画は、95年のことでした。それで思い出したのが、同じ時期にやはり厳しい環境での緑化を頼まれた「さとらんど」です。こちらのスタートは92年のこと。さとらんどは農業公園でしたが、農務部にはそんな事業を仕切れないので、造園課からたくさん人が移っていました。その時の農務部長は私の先輩でしたが、春に呼ばれて市役所に行くと、「隣のモエレ沼の轍を踏みたくないので、あなたに任せるから、しっかりした緑を作ってほしい」とのことでした。確かにモエレ沼公園では、いきなり桜の森を作ろうと、数千本だか数万本だかの木を枯らしていたのでした。そういう仕事は、必ず私のところに回ってきていたのです。
計画書

その頃の現場写真はプリントなので手元にはありませんが、施工10年後くらいの写真はデジタルに残っています。これが2005年なので、10年弱でこのくらいの緑になっていたのです。
さとらんど

昨年久しぶりに一回りして、ここがこんなになったんだと感慨深い思いをしたところでした。孫がもう少し大きくなったら、あちこち連れて行って、「これはわしが植えたんじゃ!」と自慢できるかなぁ…(^^;)
樹林

さとらんどといえば、ハギを植え始めた最初の現場でもありました。よくもあんなにたくさんのハギを調達できたものだと思うくらい、あちこちにたくさん植えています。ここは駐車場のアプローチ。当初の植栽場所が車道に近すぎて、洗車機を通り抜けるようになって苦情が殺到し、1m奥に植え直した時のものです。あの時は叱られたなぁ…(>_<)
ハギ

駐車場の外側に、人が踏み入れることが少ない排水用の空堀があるのですが、そこのハギが一番見事でした。ミヤギノハギの紅白とシラハギを混ぜて植えたものです。
ハギの川

さとらんどは95年にオープンしますが、オープニング修景を頼まれてしまい、ちょうど知り合っていた杉井明美さんに手伝ってもらいました。いろんなプランターに植えてもらっています。
杉井さん

その時に、私自身がどうしてもやってみたかった修景がこれ。さとらんどは農業公園なので、シソを修景に使ってみたかったのです。この年はなかなか気温が上がらなくてシソの育ちが悪く、いつも植物を入れてもらうTさんにはずいぶんと気をもませてしまいました。
ウェルカムプランター

青ジソと赤ジソだけではぼやっとしてしまうので、お前は今日から錦ジソだぞと言い聞かせて、アクセントに黄葉のコリウスを使いました。適度にピンチすれば一挙両得。またどこかでやってみたいなぁ。
シソ

2000年以前の画像はリバーサルなので、スライドをフィルムスキャナーで読み込まなくてはいけません。でもこんな画像が出てくると、昔の現場シリーズもやってみたくなりました。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM