百合が原公園

  • 2019.12.22 Sunday
  • 05:52
百合が原公園の温室は、クリスマスディスプレイも終わっているし、年末なので館内は閑散としてました。大きなものではサザンカが満開で、ツバキは侘助系がちらほらと。これには「相模侘助」のラベルが付いておりました。(少しぼやけているのは、レンズに少し結露していたようです…)
侘助

正面には柑橘類がちょうど見ごろ。たくさん生っている温州みかんを初め、ユズやカボス、レモン、ネーブルなど、いろんな形の柑橘を見ることができます。
柑橘類

一番目立ったのが、赤実と黄実のピラカンサ。今年は実付きがいいようで、色のコントラストが見事です。そういえば、昔池袋の立教大学で、これの生垣がありましたねぇ。ピラカンサは札幌でも育っているので、この生垣が作れそうです。
ピラカンサ

その後ろには、まだネリネの花が残っていました。この室温では、寒くて生育が進まないのでしょう。四国なら真冬の気温くらいしかないようです〜{{{(^。^)}}}
ネリネ

一番奥にはコウテイダリアが、2本花を咲かせています。あんまり生育がよすぎると、花を間近に見ることができなくなるので、このくらいがちょうどいいかもしれません。これを見ると、昔は「コダチダリア」としていたようですが。
コウテイダリア

花よりも、足元にたくさん置かれているオタフクナンテンの紅葉の方が、むしろ目立っているかもしれません。
お多福ナンテン

コテージの売店に行ってみると、M店長が一人で店番してました。12月から来年3月までは、ずっと一人でやっていくとか。室内とはいえ、この冷え込んでいる中で一日過ごすのは大変そうです。かわいいハボタンがずらりと並んでいるし、容器などの在庫品は半額で販売されていますよ〜
ハボタン

お正月飾りやドライリース、スワッグなども、まだまだ残っています。百合が原公園の「温室」に行かれる際には、ぜひ暖かい格好をお奨めします。
正月飾り
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM