まち文化研究所

  • 2019.11.30 Saturday
  • 05:47
昨日は「まち文化研究所」を主宰されている塚田さんが来社されました。いろんなところでの活躍はかなり昔から気にしていたので、直接いろんな話が聴けて、楽しい時間を過ごすことができました。「まち文化」とは、私たちの身近にあった銭湯・市場・商店・食堂・建物・お菓子・飲み物などの魅力を掘り起こし、記録し、その意味や価値を伝える活動をされています。
まち文化研究所

朝日新聞を取っている方は、夕刊にこんな記事があるのをご覧になっていることでしょう。お菓子編、神仏編、おみやげ編などと来て、現在は湯めぐり編になっています。
まち歩きのススメ

わざわざ訪ねて来られた理由は、以前紹介していたようなデパートの案内図が、どこを探しても見当たらず困っていたところに、私が持っていることを聞いて訪ねて来られたのでした。

五番館

今年の6月には、研究所として最初の本をまとめられ、特集は「やっぱりおやつが好き!」と、お菓子やおやつの様々な情報が掲載されています。なんと焼き印まで作られ、饅頭に押されていました。次のターゲットが「百貨店」なので資料を探していたのです。私のところに死蔵していても仕方ないので、福岡、中四国、京阪神、東京、函館の各コレクションと共に、札幌のデパートの案内図を活用していただこうと思います。
   まち文化百貨店

先週の日曜日にも、刊行記念のイベントが池内GATE店6階の書肆(しょし)吉成(よしなり)であったそうですが、2回目が来年1月にもあるそうです。銭湯の湯桶のコレクションも相当数お持ちのようなので、きっと展示されているのでは。これからの活動が楽しみです。

銭湯文化
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM