ササ刈り

  • 2019.11.17 Sunday
  • 05:43
ポプラ通では、水曜日の段取り通りササ刈りをやってもらうことができました。金曜日はあいにくの雪。現場に着くと数日前の晩秋の風情が吹き飛び、すっかり冬景色に。
雪景色

積雪は10cmほどなので、このくらいで収まれば問題はないけれど、どんどん積もってしまうとちょっと厳しくなります。気温がそれほど低くなく、風もなかったのが幸いでした。
ササ

オオウバユリの枯れた花茎がずらりと並んでいるけれど、よく刈り取られないものだと思ってしまいます。ドライフラワーでは人気なので、たちまち刈り取られてしまっても不思議でないのに。
オオウバユリ

寒い中待っていたのに、待ち合わせの時間になっても誰も来ず、ひょっとしてもう1箇所の方かな?と車に戻りかけたら、市の担当者が走ってきて、業者が間違えて向こうに行ってしまいましたとのこと。でもその方がササ刈りの面積がはるかに大きいので、ちょうどよかったかも。
トイレ裏

こちらでは、ササの中に生えているナナカマドなどの稚樹を残そうと、ピンクテープでマーキングしておきました。そうしたら、間違って刈ってしまわないよう、木の回りは手刈りしますというので、私たちも立っていると寒いので、せっせと手刈りを手伝いました。
手刈り

刈り払い機が2台でどんどん刈り進んでくれ、あんなにササに覆われていたエリアが、たちまちきれいになっていきました。
機械刈り

今の造園屋さんは、たいていパッカー車を持っているそうです。落ち葉や枝は、トラックにばら積みすると、がさばかり大きくて能率が悪く、これでぎゅうぎゅう詰め込んでいけば、かなりの量を積み込むことができるのです。
パッカー車

ここにはオオウバユリも少し生えていますが、もともとはオオバナノエンレイソウの保全区域とされていたところです。今では開花株もちらほらとまばらにある程度、なんとか群落の復活を目指したいのです。来年の春が楽しみだなぁ。
さっぱり
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM