あたふたな1日

  • 2019.11.07 Thursday
  • 05:58
昨日は朝から晩まで走り回っていました。天気予報では、今日の昼前後は雨降りになっていました。白石駅花壇管理の最終日で、先週の残りを片付けなければならないけれど、ツルバラの剪定が1本残っていて、雨降りの中では厳しいので昨日片付けることにしました。
北1条を通っていくと、イチョウの街路樹も半分くらいは落ちているけれど、まだ緑を残しているもの、真っ黄色なもの、ずいぶんまだら模様でした。でもこの寒さで一気に進むことでしょう。
町中の紅葉

北口花壇の端っこにあるツルバラの‘カクテル’は、いつも作業が最後になるため、今まで一番手を掛けられていない枝の暴れよう。一度こうなってしまうと、手がつけられない見本のような姿になってしまいました。
カクテル

それでも枝を透かしておかないと雪が載っかってしまうので、絡んでいる古枝をどんどん抜いていきました。このくらい透かしておけば、枝を絞れるのでなんとかなるでしょう。片付けまで約1時間。その間何人もの方に声をかけられて、みなさんここの花壇に目を止めていただいていることがよく分かりました。
整枝

帰り道、一昨年見つけた冬咲きのツツジを見に行きました。すると今年は全然咲いていなくて、冬囲いがされていました。昨年も咲いていたのに今年はなぜ咲かないのでしょうか?うーーむ。
サツキ

それから自宅へとんぼ返り。今週後半はタイヤ交換する暇がないので、このすき間で片付けなくてはと家に戻ったのです。リフトジャッキと車載用のインパクトレンチがあるので、4本交換するのもずいぶんと楽になりました。これであわてなくても済みそうです。
タイヤ交換

来月初めに学会関係のパネル展をやることになり、打合せのため午後から町中へ。ついでにライ麦パンを仕入れようと、中央署の横を通ったら、マリーゴールドがまだ元気に咲いていました。ここの回りは、毎年タネから育てている花がいつも咲いています。よほど好きなお巡りさんがいるのでしょうか?
マリーゴールド

ホテルの前には、シクラメンとパンジーの寄せ植えが。植木屋時代には、ある店舗前の装飾にシクラメンやプリムラ・マラコイデスを使って喜ばれたことがありました。夜が冷え込むグレーシーズンには、このような植え方がもっと広がってほしいです。
シクラメン

創世スクエアに行く前に、地下街のわしたショップへ。先日消失した首里城の再建に向けて、せめて瓦一枚くらいですが、募金をしてきました。こんな小さな募金箱でいいのかな?
わしたショップ

この建物は外側もひどく殺風景で、創成川公園から見ると倉庫が建っているみたいだけど、中も緑一つ置かれていなくて、がらんどう。贅沢な空間づくりなのかもしれませんが、私には耐えられない気持ちにさせられます。こんなところではやりたくなかったなぁ…
創世スクエア
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM