暑さの記憶

  • 2019.10.20 Sunday
  • 05:42
ここ数日、来年の東京オリンピックのマラソンが、急遽札幌での開催か?というニュースでもちきりです。滝野のガイドさんにも、フルマラソンどころか100キロのウルトラマラソンを走っている猛者がいるので、ガイド室でもこの話題で持ちきりに。

マラソン
  (朝日新聞DIGITAL より拝借…m(__)m)

それにしても酷暑の東京で、最も暑い時期にマラソンをやるというのはもともと自殺行為のようなもの。マラソンに限らず、屋外でやる種目にとっては、想像するのも怖いくらいです。震災の復興も道半ば、原発に至っては「アンダーコントロール」に程遠い状況にあるにもかかわらず、こんな馬鹿げたオリンピックをやる必要なんかなかったものを。
スケジュール
  (オリンピック組織委員会 HP より拝借…m(__)m)

ちょうど本日実施の富丘西公園大掃除会の資料を作っていて、今年の作業内容の記録を見返していたので、7月末から8月初めまで続いた真夏日のことを思い出してしまいました。参加者のほとんどが高齢者なので、体調管理には相当気を使わなければならないのです。それにしても、喉元過ぎれば熱さ忘れるという言葉があるけれど、暑さの記憶も意外と早く忘れてしまうものですねえ。
記録的暑さ
  (日本気象協会 HP より拝借…m(__)m)

IOCは、ドーハであった世界選手権陸上で、マラソンや競歩で棄権が続出したことから、急遽「涼しい」札幌に変更することにしたとのこと。確かにこんな記録を作るほどの暑さは、めったにないことなのかもしれませんが、感覚的にはこのところずっと高温傾向が続いているように感じます。富丘西公園で毎年開いている自然観察会は、二年連続で見どころの花がすっかり終わってしまい、来年から一週間早めることにしようと考えていたところでした。
真夏日の記録
  (道新 WEB より拝借…m(__)m)

バッハ会長の強い意向が反映しているので、多分もうこのまま札幌でやることになるのかもしれませんが、その判断の根拠は平年値を見たのかなぁ?という気がします。早朝ならなんとかなるといっても、今年のような熱帯夜がまた再現することだって十分ある訳ですから。大騒動して札幌で開催したものの、また今年のような記録的な暑さになれば、なぁんだ…ということになりかねません。そうなったら誰が責任もつのでしょうねぇ…

  今年の東京
  今年の札幌
  (気象庁 HP より拝借…m(__)m)
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM