雨の滝野公園

  • 2019.10.09 Wednesday
  • 05:24
昨日は滝野公園。カントリーガーデンの現場指導は今回が最終日。今年は夏まで異常少雨に見舞われたり、クマの侵入で2回も閉園に追い込まれたり、なんだかあっという間に過ぎてしまった感があります。昨日はボランティアの作業も予定されていましたが、傘マークが消えてくれないので順延の連絡を。ところが、公園に着いた頃には少し陽も差してきて、あらら…やればよかったのかな?と思いましたが、すぐに雨雲がやって来てしまいました。東口のウェルカム花壇は全然へたらないで、まだまだ元気です。
東口

コスモス畑は前日に抜き取りが終わり、さっそく堆肥を入れて、チューリップの球根植えの準備にかかってました。天の川ガーデンはかなりよれてきてましたが、週末の三連休くらいまではなんとかというところ。ヒマワリの‘サンビリーバブル’は、全然勢いが衰えません。気温の低下にどこまで耐えられるかが問題ですが、本当に長く楽しめます。
サンビリー

コキアはかなり色付いて来てますが、強い雨に打たれて枝が開いてしまい、なんだかザンバラ髪のようになってしまいました。乾くと戻ってくれるでしょうか?
コキア

中央口の休憩所は、あんまり無機質なものだから、北大の圃場で雑草のように生えてくるナツヅタを抜いてきて、柱の根元にせっせと植え込んでおきました。もう6〜7年経ちましたが、ようやく石壁を覆うほどになってくれました。もう一息です。
中央口

雨がひどくなって傘を取りに戻ろうとしたら、トドマツの株元にたくさんのベニテングタケが。穴が空いているものを覗いてみるとナメクジがもりもりと食べていました。ナメクジには毒ではないらしい。この株は茎がびっくりするほど太く、ガイド室に飾っておきました。
ベニテングタケ

収穫の谷にたくさん植えているマグノリアには、真っ赤に色付いた果実がぶらりぶらりと垂れ下がっていました。こういう姿こそお客さんに見せたかったけれど、この悪天候では来園者は数えるほど。ちょっと恨めしいですね。
マグノリア

パレット花壇のダリアは、今が一番見ごろのようです。今年は株の生育がよく、草丈がかなり高くなっているので、連休明けにやってくる台風の影響が心配です。
パレットダリア

このすぐ上のスズランコーナーのところには、越冬可能な原種シクラメンが植えられています。現在は秋咲きのヘデリフォリウム種が満開で、春にはコウム種が咲いてきます。シクラメンには針葉樹の生チップをマルチングするといいらしく、一ヶ月くらい前に10cm厚も敷き詰めました。そんなに掛けて大丈夫なのかと心配してましたが、元気に葉とつぼみを伸ばしてきています。原産地の環境に近いのでしょうか?
シクラメン

カントリーガーデンの花は今週末が一区切りで、そのあとは園内の紅葉がしばらく楽しめます。渓流ゾーンはあちこち工事がやられているし、今年の紅葉は余りきれいにならなさそうなのが気がかりですが、長い冬の前に最後の花と紅葉をお楽しみください。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM