集中講義2日目

  • 2019.09.25 Wednesday
  • 05:49
前日の大荒れから一転、スカッとした青空が広がりました。私は午後から講義を2講やり、3講目は現地学習として、構内や近辺を歩きながらいろんな話をしていきます。前日が雨でできなかったために、2日分をまとめてやることに。まず農学部のすぐ南にある文書館の前庭に、イチジクが成っているのを見に行きました。昼に横を通った時に見つけたのです。1mほどしかない小さな木なのに、もう実が生るものなんですね。
イチジク

そうしたら、S君が変なものが生っているというので覗いてみると、イチジクの上に覆い被さっているライラックにアケビが絡まって、それにたくさんの実がぶら下がっていました。一体誰がこんなものを植えたのでしょうか?みんな初めてだったので食べてもらったけれど、今の子はこんなものでは喜ばないようで…(^^;)
アケビ

旧偕楽園辺りの微地形をめぐりながら、かつてのメムの脇に建てられている『井頭(いのかみ)龍神』に連れて行き、龍神様を拝んでおくと色々と御利益があるよ〜と言ったら、Hさんだけがしっかりと拝んでおりました。
井頭龍神

住宅地の中を、今もサクシュコトニ川の河川敷がくねくねと続いているのを見て、タモリさんもここに連れてくればよかったのに!!ブラタモリより面白い!と、えらく盛り上がっておりました。
サクシュコトニ川

プラタナスの街路樹が、今年は急に太って樹皮がペリペリと大量に剥けているので、迷彩模様になっていくのが面白く、しばらくみんなでムキムキしておりました。プラタナスは3〜4年おきにグッと太るようです。
プラタナス

通り道にある六花亭の庭を覗いてみると、ブルーミストフラワー(青霧草)(Conoclinium coelestinum)がふわっと咲き乱れていました。ここは日当たりがあまりよくないので、その分草丈が高くなり、却っていい雰囲気を作り出しているようです。
ブルーミストフラワー

そのあと道庁構内から北3条広場を通り、駅前通とチ・カ・ホを解説しながら、最後にエスタ屋上の空のガーデンへ。芝を貼り替えたばかりで、内部の立ち入りができなかったのが残念でしたが、風になびくグラス類がちょうどいい感じでした。さすがに2日分を歩くのは大変でしたが、途中パラッと来たものの、最後まで歩けてなによりでした。
空のガーデン

ところで、10日から閉園になっていた滝野公園は、25日早朝の巡視で異常が見つからなければ、9時から平常通り開園するとのこと。なんとかコスモスの見頃にも間に合ったかな。もうこの後は何ごとも起きませんように。

プレスリリース
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM