かがみ仕事…(>_<)

  • 2019.09.15 Sunday
  • 05:39
昨日は北大の圃場整備ボランティア。ひと頃のような蒸し暑さがなくなり、朝の気温は10℃台の前半まで下がってきました。小屋の前のナナカマドの実は真っ赤になり、葉っぱもかなり赤くなってきています。枯れ枝が目立つので少し弱ってきているのかな。
ナナカマド

圃場に昔から植えられているミヤギノハギは、開花期も標準だし、葉の形、黒軸の茎、濃い赤紫色の花など、どれをとってもこれぞミヤギノハギという標準タイプ。姿は同じでも一月以上開花が遅れるものもあるし、いったいどれだけ多様性を持っているのか、本当に不思議です。
ミヤギノハギ

私は8時半に行って、外周部の草刈りや、どうしてもやっておきたい剪定などを済ませておきました。10時近くなるといつものメンバーがやってくるので、まずはローンのタンポポ抜きから始めることに。今年の春〜夏は記録的な少雨になり、芝生がかなり傷んでしまいました。その後は適度の雨が降っているので、見た目はそれなりに緑になっていますが、タンポポやブタナだけでなく、アメリカオニアザミやヘラオオバコまでたくさん生えてしまってます。
タンポポ抜き

久しぶりに芝刈り隊長が復帰したので芝刈りは彼に任せ、あとの二人には生垣の2回目の刈り込みをお願いしました。あんなに弱っていたのに、急に枝を伸ばしてきているのです。
芝刈り

ローンの真ん中に設けられているサンクン(沈床(ちんしょう))には、本来花鉢や水盤、日時計などを置くといいのですが、なんとなく締まらないまま雑草畑になっています。今年は除草剤を使わなかったので、メヒシバ畑になってしまい、既にタネも落ちてしまってました。
サンクン

来年はちゃんと管理しようと、とりあえずきれいにしておくことして、2年先輩のSさんと共に抜き取りを始めました。下にはビリ砂利が敷かれているので抜きやすいのですが、メヒシバの根は結構しぶとく、かなり腰に来てしまいました。
除草

芝刈りのあと施肥も行い、ローンとサンクンはすっかりきれいになりました。生垣刈りは残ってしまったけれど、次回にまたがんばってもらいましょう。少し時間がオーバーするほどの作業量でしたが、みなさんお疲れさまでした。
完了

小屋を閉めて帰ろうとしたら、ローンにカラスの大群が舞い降りて、せっせと虫を探していました。そんなに虫がいるとは思えなかったけれど、どんな虫を探しているのでしょうか?
カラス
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM