汗ばむ陽気

  • 2019.08.28 Wednesday
  • 05:48
昨日は滝野公園。再び気温が上がり、やや汗ばむ陽気になりました。10時からボランティアの作業があるので、真っ先にこもれびの庭に行くと、レンゲショウマがちょうど見ごろになっていました。ここは階段の両脇にずらりと植えているので、写真が撮しやすいと好評です。
レンゲショウマ

その手前では、純白の花がほのかに香るはずのタマノカンザシが、ほんの少ししか花がありません。よくよく見ると、花だけでなく葉もかなり食べられてしまっているのです。公園全体はクマ除けの柵が張り巡らされているのに、中にかなりの頭数のシカが入り込んでいるのです。私はまだ出くわしていませんが、早朝などに忍びより、あちこち荒らし始めているのです。チューリップやコスモスは電柵を付けているけれど、無防備なところは次々と被害が。早く駆除してもらわないと本当に困ります。
シカの食害

メコノプシスは、大株はほぼすべて無事に夏を越してくれましたが、昨秋に補植した苗は、開花したものの、夏越しはできないで腐ってしまいました。以前は開花しても1/3くらいはそのまま夏を越したのに、最近は全然越してくれません。今年は苗を作っている業者も、高温のために全滅したとのこと。今残っている株を秋に株分けし、来年に備えるしかなくなりました。
メコノプシス

作業には、私を入れて10名ものボランティアが参加してくれたので、仕事のはかどること。メコノプシスの株周りをきれいに片付け、施肥をして積雪までにしっかり株を充実させなければなりません。
清掃

山草エリアでは、イヌガンソクやオシダなどの大型のシダが増えすぎ、回りを被圧し始めたので、思い切って抜き取りました。何年かに一度これをやらないと、ものすごく増えてしまうのです。
抜き取り

あちこち除草したり、園路に溜まった落ち葉もきれいに片付け、すっきりしてお客様を迎える準備が整いました。レンゲショウマやキレンゲショウマに人気があり、作業中もカメラを担いだ方たちが訪れておりました。
こもれび

このほか、ちょうど見ごろなものにエゾトリカブトがあります。我が家にもたくさん咲いていて、かみさんに叱られてますが、花を見るだけなら毒に当たらないのでご安心を。
トリカブト

今年試験植栽されたヒマワリの‘サンビリーバブル’は、こんもりとした草姿に無数の花を咲かせてきました。昨年試験植栽した‘サンフィニティ’より草姿がまとまりやすく、花着きもよさそうです。滝野公園ではこれからもいろんな花を植えながら、手間がかからず長く楽しめるものを探していこうと思います。
サンビリーバブル
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM