破れ傘

  • 2019.08.22 Thursday
  • 05:43
火曜の午後、厚別区内での打合せの後、北広島にある植木村に行きました。ここの園芸店に用事があったのです。ところが着いた途端に土砂降りになり、あわてて車に積んであるビニール傘を出して差しましたが、傘が効かないほどの土砂降りでした。用事が終わって帰り道もかなりの雨が続き、傘を持っていない高校生が何人もずぶ濡れになって歩いてました。こんな天気が続くのだから、折りたたみを入れておけばいいのになぁ…

事務所に帰った頃には雨も上がり、晴れ間も見えてきたので傘を乾かそうと開いたら、骨が1本折れていました。車に乗り込む時にあわてたので、傘を引っかけたものでしょう。ううむ、残念。
先にピンクテープを巻いてあるのは、これを指し棒に使うことがあるからです。

ビニール傘

この傘は、ちょうど10年前に名古屋で買ったものです。松山に帰省した帰り道、中部空港経由で帰ることにして、名古屋の知り合いあちこち案内されて、楽しい一日を過ごしました。その翌日飛行機の飛ぶ昼過ぎまでの間、町中を見て歩こうと地下鉄から地上に上がったら雨が降り始め、駅の売店で買ったのがこのビニール傘でした。左の建物がにゃあにゃあうるさいのがいる名古屋市役所で、右の建物が苦しい言い訳をしていた方のいる愛知県庁です。どちらも戦前の帝冠様式の建物で、重要文化財に指定されているだけあって、ものすごくインパクトがありました。
名古屋

車にはもう1本ビニール傘があり、これはさらに2年古く、先輩の葬儀に出かけた千葉県市川の駅前で買ったものなので、よ〜く覚えています。ビニール傘を10年以上も使っているのは珍しいかもしれませんが、私の持っている折りたたみ傘はなんと40数年前のものです。今こんな細身の折りたたみ傘は売っていないので、黄緑色の糸を買って、繕いながら大切に使っています。
折りたたみ傘

今では伝説の店といわれるようですが、「芽瑠璃堂」というちっちゃな店が吉祥寺にありました。R&Bや初期のソゥルミュージックのいいレコードをたくさん置いてあったので、東京に寄る時には必ず足を伸ばしていました。電車を降りてガードをくぐったら雨になっていたので、駅にある商店街に引き返して買った傘です。この店は一度はなくなっていたけれど、通販で再開して、今度はリアル店舗がまた復活するとか。

芽瑠璃堂

山ほどあるLPレコードも全然聞かなくなってしまったけれど、この傘を使うたびにあの時代のことが頭をかすめてしまいます。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM