真夏日の作業

  • 2019.07.31 Wednesday
  • 05:41
7月も終わりなので暑くなるのは当たり前としても、こんなに夜温が高いのは辛いです。事務所から帰る時に車の温度計を見ていると、だいたい3℃の違いがあるので、まだ我が家はしのぎやすいのかもしれませんが、昨日記録した札幌での最低気温は、史上最も高かったという記録的な寝苦しさ。それでも夜中に起き出して窓を全開にして、ようやく一息つきました。今朝は少し風があったのでそれほどにも感じませんでしたが、週末までこんな天気が続くのでしょうか…(>_<)

29日から無事に再開できた滝野公園。5日に追い出されてから25日振りに正式に入園しました。8時半に着いた時には既に29.9℃を示していた温度計は、昼過ぎには31℃を越えていきました。それでもたくさんの来園者で賑わい、ホッとしました。
温度計

4週間遅れになってしまった作業日だったので、久しぶりにこもれびの庭に下見に行くと、ゲラニウム‘ロザンヌ’が多少徒長気味ながら、たくさんの花を咲かせていました。ガウラ、ホスタ、フウチソウとの組み合わせにしているのです。
あぷろーち

こんな暑さにもかかわらず、7名ものボランティアが参加され、さっそくガウラの補植から行いました。もっと涼しい時期に植え込む予定だったので、これからの水やりなどケアが大変です。
補植

メコノプシスは、ちょうど花が終わる時だったのでよかったのですが、そのまま放置されていたので、久しぶりに見に来てびっくり。ツリフネソウとキツリフネ、あるいはノゲシやタチカタバミなどの雑草などが繁茂し、メコノプシスの葉が見えなくなっていたのです。Kさんに慎重に抜き取りをお願いしました。
メコノプシスの除草

作業のメインは、メコノプシスの左側に何も植えられていない区画があるため、ここに補植をすることにしたのです。以前植えていたものが衰退して、雑草だらけになっていました。
補植

高茎のカリガネソウとタリクトルム・デラワイーは元気に残っているものの、足元が寂しかったので、ペルシカリアやアスチルベ、ダルメラ、カラミンタなどを補植しました。今年は株をしっかり育てて、来年楽しめるようにしたいものです。
完了

直射日光の当たらないこもれびの庭でも、汗が滝のように流れ落ちて、みなさん上着は汗でぐっしょり。一段落した時に合わせるかのように、ガイドが給水に来てくれました。本当にありがたい心遣いです。
給水タイム

まだ少し時間があったので、エリア内の花がら摘みや除草など、一月間放置されていたエリア内をすっきり片付けて作業を終わりました。暑い中、本当に本当にお疲れさまでした。
掃除
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM