どんよりな十勝

  • 2019.07.25 Thursday
  • 05:58
昨日は久しぶりに十勝ヒルズへ。トマムまではピーカンに晴れていたのに、峠を抜けて新得側に入ると、お日様は消えてしまいました。十勝はずっとどんよりした曇り空が続き、「あおぞら」なんてほとんど見たことがないとのこと。午後からは気温が少し上がったので、蒸し蒸しと汗ばむ陽気でした。
ヒルズに着くと、アプローチに列植したフリーマニーカエデが、すっかり大きな樹冠を形成していました。昨年枯死したり、台風で倒れてしまって植え直したため、不揃いになったのは残念でしたが、秋には見事な紅葉でみなさんをお迎えしてくれることでしょう。
ウェルカムサイン

ゲート前のボーダーは彩りもよく、ウェルカム花壇の役割をしっかり果たしてくれています。リニューアルから3年、ようやく落ち着いてきた感じがします。
ウェルカム花壇

釧路八重の足元にある宿根ボーダーも、日陰に合わない植物を少しずつ入れ替えてきたので、しっとりとした雰囲気ながらメリハリの効いた彩りに仕上がり、これなら安心してご案内できるアプローチになったかな。
宿根ボーダー

真っ先に向かったのはバラのところです。凍害でダメになった枝はすべて切り落とし、そこから再生してきた枝を、株のサイズによって6~8本程度残して芽欠きしました。さらに残した枝もそのまま花を咲かせず、50cmくらいでカットして枝の充実を優先させました。せっかく満開のバラを期待してきた方には申し訳なかったけれど、やむを得ない措置であることをお詫びの文章にして、入園者に配布してきたのです。夏の一番花は咲かなかったけれど、これから咲いてくる二番花はものすごくたくさんあるので、来月のバラにはご期待下さい。
バラ

バラ園に設置したポールには、クレマチスを2種ずつ植えているのですが、これがものすごいことになっていてびっくり。一体いつの間にこんな大株になったのか、数え切れないほどの花を咲かせていました。よほどこの環境が合っていたのでしょう。
クレマチス

バラ園の外周には、もともとここにあったハイブリッド・ルゴサの株を、侵入防止の目的で列植しました。これも株が落ち着いてきたので、無数の花を咲かせてくれました。既に盛りは過ぎていましたが、まだまだ楽しめるボリュウムです。
HRg

バラの横では、ラベンダーの試験植栽もやっています。十勝でも、ある程度雪さえ積もれば越冬は可能ですが、さすがに今年は枝が傷みました。それでもこれだけ咲いてくれば十分かな。来年はもう少しいい場所に植えてあげなくては。
ラベンダー

午後からは、園内をくまなくチェックして、可能なものはすぐに手直ししていきます。このルブルムカエデは、今まで一度もハサミを入れたことがなく、ムダな垂れ枝や絡み枝がレストランからの視線を遮っていました。ちょっと手を入れるだけで、どのくらい効果があるのか、二人のガーデナーに実感してもらいながらの作業です。
枝払い

相変わらず人気のトンボ池。ここを見渡す土手の上にはセイヨウシロヤナギ‘トリスティス’の大木があります。ここのベンチからの眺めは最高なのですが、前髪が不揃いに垂れると視線の邪魔をしてよろしくありません。必ず前髪を切り揃えて、すっきり見えるように散髪してもらいました。
散髪

リニューアルオープンから3年。イベント前日上川からの移動中に、大雪の山中で居眠り運転のため車を大破させ、結局車を入れ替えることになって、今日その車検を迎えます。車検のたびにそのことを思い出さざるを得ないのですが、リニューアルから何年経ったか、区切りを忘れられないので、却って印象深く感じます。三年経ち、本当にいい庭になっていると思います。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM