大森ガーデン

  • 2019.06.21 Friday
  • 06:00
十勝での二日目は、ヒルズのガーデナーと共に十勝南部のガーデン見学へ。広尾の大森ガーデンは、国道脇に造られた見本ガーデンには行ったことがなかったので、ようやく実現できました。国道が坂道を上がってまっすぐになり、いきなりぶっ飛ばして追い越す車ががあるので、右折して入るのにひやっとしました。
大森ガーデン

お忙しい中Kさんにご案内いただき、さっそく園内へ。まだようやく宿根草の花が咲き始めで、ユーフォルビア‘ファイアグロゥ’(Euphorbia griffithii 'Fireglow' )が赤々と燃え上がっているのが印象的でした。
ユーフォルビア

これまた珍しい花色のアイリスが。これほどまでに濃い色は初めてです。名前を忘れてしまいましたが、来年には十勝ヒルズで見られることでしょう。
アイリス

いくつかシャクヤクが咲き始めていましたが、花弁の数の多いものや1本の花茎に4つも5つも花が咲くと、重たくで倒れてしまうので、このくらいがちょうどよさそうです。
シャクヤク

どーんと2m近くまで育ったペルシカリア・ポリモルファ(Persicaria polymorpha)の存在感は本当に素晴らしい。イコロの森でもあちこちに巨大な株がありますが、こんなものがガーデンで使えるのは、北海道ならではでしょう。
ペルシカリア

ガーデンは、まだ奥の方に拡張中とのこと。仕事の合間をぬって作業しているので、いきなりとはいかないようですが、既にいくつかの場所で作業が進められているので、時々チェックが必要のようです。
拡張

今回一番印象的だったのがディクタムヌス(Dictamnus albus var. purpureus)。南ヨーロッパから北アフリカの原産で、北海道で越冬できると思っていませんでした。この時期にこんな花が見られるのはとても素晴らしいので、早くどこかに植えてみたいなぁ。
ディクタムナス

カフェからのガーデンの眺めは、あと半月もすれば見事なものでしょう。無料の高速道路がすぐ近くの大樹町まで伸びて来ているので、帯広市内から約一時間、六花の森や美術村のある中札内からなら、30分以内で行くことができます。販売されている苗が実際どんな姿になるのか、その場で確認できるのもここの魅力なので、ガーデン見学と合わせてお奨めしたいです〜
カフェ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM