雨上がりの滝野

  • 2019.06.08 Saturday
  • 05:42
昨日もまた滝野公園の仕事。前日夕方には、町中は結局雨が全く降らなかったけれど、滝野公園ではかなりの雨が降ったそうです。あちこちに水溜まりが出来ているし、空気がしっとりとしていました。さっそくメコノプシスのところに行くと、次々と開花。チューリップが想定以上に早く終わってしまったため、目玉になるのはメコノプシスくらいしかありません。
メコノプシス

こもれびの庭では、メコノプシス以外ではエゾノレイジンソウやヤグルマソウくらいしか花がありませんが、目立たないところにあるサルメンエビネが、ちょうど満開になっていました。これは自生株で、園路の中に生えている珍しいものです。
サルメンエビネ

先日植えたコマクサの様子を見に行くと、そのあと雨がしっかり降ったこともあり、元からある株との区別がつかなくて、すっかり落ち着いてました。秋までに少し肥培して、ちゃんと越冬できる株にしなければ。
コマクサ

昨日は本来渓流ゾーンの作業日でしたが、急いでやる仕事がなく、こちらではメコノプシスが咲いて来ているので、受け入れ準備を早くしなければと振り替えてもらったのです。弱い花茎が折れないように支柱を添えてやると共に、株回りの除草や花ガラ取りを進めて行きました。
花ガラ取り

花人の隠れ家の奥に植えているメコノプシスは、回りがタンポポだらけになっていたので、しっかり除草しておきました。こちらも支柱を目立たないように添えてやり、受け入れ準備完了です。
すっきり

午後からは、前回打合せや立会や作業やらで、中途半端になっていた現場確認の続きを行いました。久しぶりにカントリーガーデンの全域を隅々まで歩いて行くと、いろんな発見があって面白かったです〜 林の中では、ベニバナイチヤクソウがたくさんの花を咲かせていました。
ベニバナイチヤクソウ

中央口の建物の柱には、ツルアジサイを植えていたのですが、なかなかうまく登ってくれません。そこで付着性の優れたナツヅタを植えて、どんどんつるを伸ばさせて石を覆い、それにつかまりながらツルアジサイが登っていけるようにしたのです。これが功を奏して、あちこちで今年は花が咲くほどツルが伸びてきています。石壁がツタに覆われる日も近いので、ツルアジサイにもがんばってもらいましょう。
ツルアジサイ2

今日8日と9日は、チューリップの掘り取り体験で、毎年たくさんの方が殺到するようです。天気もいいので賑わってくれるかな。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM