ポプラ通での調査

  • 2019.05.19 Sunday
  • 05:51
今朝、バス通りに出て盤渓に向かおうとしたら、道路法面に4頭のシカが。雪融けの頃盤渓峠近くで群を見たけれど、食べ物が豊富になるこの時期に、まだこんなところをうろちょろしているのですね。クマさんよりはいいけれど、あんまり増えてほしくはありません。札幌は昨日とうとう夏日を記録したというけれど、ポプラ通の中で調査をしていたので、それほど暑くは感じませんでした。つい数日前までストーブを点けていたのに、なんという変わり様でしょう。汗をかくというのは体にはいいことなので、夏場にはしっかりと汗をかかなければ。

ポプラ通のシンボルともいえるオオウバユリが、近年急速に衰退しているというので、まずはその実態を調査する必要があります。さいわいちょうど20年前に、ここの道路と緑地を整備するに当たって、詳細な調査を行っているので、それをベースに現状を確認することに。2.5m×2.5m角の方形区に、開花株が幾つあるかを全域で調べていたのです。調査を担当したS君は、理学博士号をもっている几帳面な人間だったので、こんな気の遠くなるような調査ができたのでした。
調査位置図

20年前に最も多く分布していたところに調査ラインを設定し、ほぼピッタリの場所に方形区を設定して株数を確認していきました。この場所では、20年前にはなんと6.25屬29株もの開花株があったのに、今回はたったの4株しかありません。
調査区1

方形区をずらしながら進んでいくと、ずいぶん葉の長いオオウバユリがあると思ったら、なんとゴボウでした。外来種であるゴボウの急速な増加も、オオウバユリの世代交代にかなりの悪影響が出ていると思われます。
ゴボウ

北側のラインでは、かつて26株もの開花株があった場所に、開花株どころか、オオウバユリそのものが全く存在してなく、すべてササに覆われていたのです。あまりの変貌振りにびっくり。
調査区2

方形区が赤や黄色に塗られているのは、16本以上の開花株があったエリアなのに、あたり一面がササ原に代わってしまい、オオウバユリどころか他の植物が全く見られなくなっていました。ササの繁茂の、生態系に与える影響は極めて大きいです。
一面のササ

かと思えば、かつてはオオウバユリが全くなかった場所に、かなり密生したオオウバユリ群落が形成されていました。奥の方がササに覆われたりして生育環境が悪化し、仕方なく園路近くの狭い場所に逃げ出してきたのでしょう。当然通る人に踏まれたり、いたずらされて首を折られたりと、傷だらけになりながらも、精一杯子孫を増やして生き抜いているのです。
進出区

昨年から、カラスが何百本もの開花株にいたずらをして、問題になっていると聞いてましたが、それらしい被害が一つだけ見られました。明らかに細い嘴でつついているようです。次回の観察会には、カラスの専門家にも来ていただく予定なので、対応の仕方を教えていただかなくては。
カラスのいたずら
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM